まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS バイクの衣替え?〜エンジンオイルの話

<<   作成日時 : 2005/12/12 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日(12/11 日)は寒かった。東京で初雪が降ったとか・・・・・

先週の日曜(12/4)に箱根の大観山に行ったときも、昨日出かけたときも、エンジンの掛かりが悪かった。セルモーターの音が苦しげで、3〜4回目でやっとかかるという具合だった。(もちろんチョークは引いている)
バッテリーの寿命が近いのか?(交換して1年ちょっとしか経っていない)、まさかセルモーターが逝かれかかっているのか?(8万Km走ってるし)

・・・・・・・などと考えているうちに思い当たったのがエンジンオイル。
いつもなら
・冬場はTOTAL SPECIAL(10w-40 鉱物油)
・春〜秋はValvoline TurboV(15w-50 鉱物油)
とエンジンオイルを使い分けているのだが、TOTALは行きつけのディーラーに入庫していなかったので、今はValvoline TurboVを入れている。
Valvoline TurboVの方が固い(粘土が高い)オイルで、寒いので更に固くなり、セルモーターに負荷が掛かり、エンジンが掛かり辛くなったのだろうか?そういえば出先ではすんなり始動できたが、それはオイルが温まって柔らかくなり、セルの負荷が減ったからか?

そういえば以前使っていたモチュール3000V(20w-50 鉱物油)は固いオイルで、冬場だとセルの回り方が重々しくなるだけでなく、ギヤを入れた途端エンストしたこともあったっけ。
これに比べればValvoline TurboVは冬場の始動がまだ楽なオイルなのだが・・・・・・今年の冬はそれだけ寒い?

(2005/12/18 補足)
今日エンジンをかけたら、セル一発であっさり始動した。気温は5℃と、先週より寒いと思うのだが?
理由として思い当たるのは下記の3点。
・エアフィルター(湿式)を清掃した。
・12/11に60〜70km走ったのでバッテリーが充電された(と思う)。
・エンジンオイルがこなれてきた(想像)。
まあ、調子がよくなるのはありがたいのですが(^^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[motorcycle] R100GSの冬季の始動法
 週末が仕事だったり、毎朝(毎晩)氷点下だったりしているので、最近ほとんどR100GSに乗っていない。2週間くらい前に乗ったとき(その頃はまだ氷点下ではなかった)とうとうセルモータが止まりそうになってしまった。バッテリーが弱くなっているのとエンジンが旧式のため粘性の高い鉱物オイルを使用しているので、冬場ではよくある現象だ。(その後、バッテリーは充電した)  以前、私の尊敬するメカニックO氏から教えてもらった始動方法がある。それは、冬場セルで起動前に、(イグニッションOFFで)キックを30回く... ...続きを見る
山河に在りて
2005/12/19 06:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バイクの衣替え?〜エンジンオイルの話 まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる