まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS ステンメッシュホースに交換(2006-07-03 85459km)

<<   作成日時 : 2006/07/12 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

以前にボクサーハウスで、ファンデューロ用のステンメシュホースを取り寄せたことを聞いた。
考えてみればブレーキホースはずっと(約8.5万km)無交換で来たので、ここいらで交換してみることにした。

画像

画像右はフロント用(装着済み)、画像左はリヤ用(装着前)。このホースはイギリスから取り寄せたそうです。

ところで、ステンメッシュホースに交換すると(ブレーキの)「効きが良くなる」「剛性感が上がってタッチが良くなる」と聞く。その反面「効くけどロックしやすいブレーキになってしまうのかな?」という不安もあったのだが・・・・これは杞憂だった。

ステンメッシュホースに交換した後のブレーキの効き具合だが、レバーの引き始め〜引き代の終わりまでの効き具合やタッチは、従来のブレーキホースの時と特に変わらない。
ところが、引き代を使い切ったところからレバー更に力を込める時の感触は大きく異なる。
・ノーマルのホース:殆どストロークしないレバーに力を込める(プラスチック板を圧す感じ)
・ステンメッシュホース:引き代の終わりからもう1段、レバーが僅かにストロークして力を込められる(ゴム板を圧す感じ)

という具合で、「ブレーキをロックさせずに、可能な限り強く掛ける」というコントロールは、明らかにステンメッシュホースの方がやり易い。
上記はフロントブレーキを2本掛け(人差指と中指)した場合を例にしたが、4本掛けした場合は違いがもっと明確だったように感じた。

リヤブレーキもコントロールし易くなり効きの強弱をつけ易くなったのだが、元々がON/OFF的な効き方だったのでステンメッシュホースの効果はフロント以上に大きいように感じた。また、ブレーキの効き事態も良くなったように感じるのだが、これはコントロール性が良くなって従来よりも強めに(ロックさせずに)リヤブレーキを掛けられるようになったからだろうか。

こうした事を経験した今となっては「ステンメッシュホースへの交換って、ブレーキのファインチューニングなのかな?」なんて思う。

ボクサーハウスのホームページ http://homepage2.nifty.com/boxer-haus/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
2003年の12月にパリダカ号のフロントブレーキをステンメッシュにしてました。純正のホースが古くなったので(15年もつかったことになる...)交換するついでに遊んでしまったというか。

タッチは良くなるし見た目もグレードアップするので(笑)クロGSもそのうちやることになると思いますデス。
タニグチ
2006/07/12 23:34
早くクロGSにもつけましょう・・・と自分が試した今では言っちゃいます(^^)

ところで最近のBMWのバイクってステンメッシュが標準みたいです。となると交換してもバレないから、家庭不和を招かないパーツかも(<何だソレ)
まさひさ@管理人
2006/07/13 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ステンメッシュホースに交換(2006-07-03 85459km) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる