まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 関越→北関東道→東北道 慣らし運転記(2010-2-28)

<<   作成日時 : 2010/03/01 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2/27(土)から降り続いた雨は2/28(日)の昼には止み、それまでの天気が嘘だったかのように青空が広がった。
ならばバイクで出かけよう。慣らし運転を進める為に、夕方まで高速道路を走れるだけ走って帰ってこよう。そう考えて関越自動車道に乗った。

そう、最初はちょっと高速を走って帰ってくるつもりだった。なにせ出発したのが15時だったので、16時には折り返して帰路に就くつもりだった。しかし、時計の針とトリップメーターが進むうちに「まだ(時間は)大丈夫だろう」「もうちょっと走ろう」「せめて片道100kmは走ろう」等と考えて、停まることも折り返すことも放棄してしまった(^^;)

結局初めて停まったのは、練馬ICから約75kmを経た上里SAだった。
画像
休憩時に飲んだ黒みつ珈琲。黒蜜をシロップと考えればそう悪くない組み合わせかと思う。ただホイップクリームのせいなのか意外と早く冷めてしまい、ちゃんと味わえなかったのが実状。

さて、普通ならここで帰路に就く訳だが、関越を引き返すのは嫌だった。というのは反対車線(上り車線)が既に2〜3箇所で渋滞していたからだ。どうにかして別のルートで帰れないだろうか?
地図を見ると、上里SAを出るとすぐに藤岡Jctがあり、そこから上信越道に乗ることが出来るが・・・・碓氷峠を越えて無茶苦茶遠回りをした上で中央道で帰るような根性や防寒装備は持ってない(・・;)。
更に先の高崎Jctからは北関東道に乗ることができるが、その終点から足利までは「一走り」と言える距離・・・・ということで、急遽足利の珈琲屋台「アラジン」まで行くことにした。
画像
北関東道終点にて。前回走ったときはこのルートを通るメリットを感じなかったけど、東北道・佐野ICから足利に行くに比べると一般道を走る距離がずっと短いので、今回は北関東道周りの方が楽で早い(そして気分が良い)と感じた。

画像

ちょっと寄り道して渡良瀬橋と夕陽を見ていく。前回の海ほたるもそうだが、一眼レフを持っていかなかったのが悔やまれる。

随分陽が長くなったと思いつつ、足利女子高前のアラジンに無事到着した。そうそう、約4ヶ月前にここを訪れた帰りに、排気バルブが欠けてエンジンをOHすることになったのだ。前回訪れたときに撮ったハロウィンの人形の写真を、やっとマスターに渡すことができた。
今回は珈琲を一杯飲み終えると、早めに帰路に就いた。何時ものようにR50で佐野まで行き、東北道に乗る。

OHから500km走ったので、今のレブリミットは5000rpm。これだと5速で120km/h出せるので余裕を持って高速を走ることが出来る(実際に110〜120kmくらいで流れている場所もあった)。タコメーターを注意してみていないとすぐ500rpmくらい、うっかりしてると1000rpm程レブリミットを越えてしまうが、エンジンが自然に「回ってしまった」ような感じで、無理をさせているような感触は全然無かった。

途中で6km程の事故渋滞があったが、その他の箇所は順調に流れていた。但し時間が経つにつれて寒くなり、蓮田SAで夕食をとった後は、残り僅かな距離ではあるが用意していたインナージャケットとオーバーパンツを着用した。三郷JCTから東京外環を経て、21時になる前に無事帰宅した。

この日の走行距離:248km

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
普段何の気なしに走っているのが「走るために走る」行為であるとすれば、現在のそれは「走るために走るために走る」でしょうか。こういう状況、好きです(^O^。
Pawpaw
2010/03/02 08:04
>Pawpawさん
常々思うのは「何処かへ行くためにバイクに乗る」のではなく「バイクに乗るために何処かへ行く」ということです。
買い物等の用事でバイクを使うこともありますが、帰りには「真っ直ぐ(家に)帰る」という言葉が心の中の辞書から消えていることが少なからずあるように思います。(^^;)
まさひさ@管理人
2010/03/02 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
関越→北関東道→東北道 慣らし運転記(2010-2-28) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる