まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS コネクター?の焼け焦げ(115,678km)

<<   作成日時 : 2010/06/27 20:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりにバッテリー液を点検しようと思い、シートと左サイドカバーを外したら
画像
シート下にある、メインハーネスとレギュレーターを繋ぐコネクターのカバー(熱収縮チューブ)が焼け焦げているのに気付いた。というとこで急遽行きつけのディーラーに向かった。

昨年2月に同じ事があったときは、コネクターが錆びて電気抵抗が高くなり、熱を持ったのが原因だった。
しかし今回は熱収縮チューブを切開してみると、コネクター(圧着端子)や配線は錆がないどころか、綺麗な状態だった(何せ1年前にメインハーネスを交換しているのだ)。
そういえば前回はバッテリーの充電量が減ってエンジン始動時に上がりかけたが、今回はエンジンはすんなり掛かったしバッテリー液も適量。ディーラーで充電電圧を測っても正常値だった。

そもそも電気抵抗がある物に電流を流せば(多かれ少なかれ)発熱する。となるとコネクターの電気抵抗と発熱で熱収縮チューブが焦げたのだろうか?また、F650ファンデューロ/ストラーダのシート下はレギュレーターの熱が篭るのも影響しているのだろうか?

画像
当面の対策として、熱収縮チューブの片側のみ閉じて熱を逃がすようにしてもらった。
要はコネクター同士が触れてショートしないように絶縁できればいいのだから、秋葉原かどこかで耐熱性の高い熱収縮チューブ等の絶縁材を入手して、それを付ければいいのだろうか?
・・・・「耐熱性の高い熱収縮チューブ」という物自体、矛盾しているというか存在しないか?←熱収縮させられない

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トラブルの原因が不明なのは嫌なことですね。お察しします。仕事では(ご存知の品かも知れませんが)スミチューブを使ってます。
 http://www.sei-sfp.co.jp/products/sumitube.html
種類も色々で、秋葉のガード下辺りでも入手可能です。
Pawpaw
2010/06/28 08:53
>Pawpawさん
情報ありがとうございます。m(--)m
スミチューブという名前は会社で聞いたことがあるので、多分研修で使ったと思います。その時は「イカスミみたいな色だからスミチューブというのかな」と思っていましたが(^^;)
まさひさ@管理人
2010/06/28 20:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
コネクター?の焼け焦げ(115,678km) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる