まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 「セナvsプロスト」を振り返る

<<   作成日時 : 2010/07/03 21:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

いま30代後半〜40代の人は80年代後半〜90年代初め(?)のF1ブームをリアルタイムで経験した世代じゃなかろうか。あの頃は日本人初のフルタイムF1ドライバー(中島悟)の誕生や、ウィリアムズやマクラーレンに載ったホンダエンジンの快進撃など色々な出来事があり、人それぞれに思い出があるかと思う。

ただしF1ブームの中には嫌な出来事もあった。故アイルトン・セナとアラン・プロストの確執はその1つであり、個人的には一番嫌な出来事である。
今となっては、マスコミが「被害者のセナ」vs「意地悪なプロスト」という構図を作って煽っていたような気もするのだが・・・・・・結果として日本人の大半はセナ擁護派だったと思う。

セナに関する本(特に事故原因に関するもの)は色々とあるようだが、プロストに関する本を先月初めて見つけた。
セナvsプロスト(マルコム・フォーリー著、三栄書房)
画像
内容は著者がアラン・プロストに行ったインタビューの内容が主軸になっている。
しかし他のドライバーやレース関係者の証言も数多く用いられており、特にセナに関してはフィジカル面の面倒を見ていたジョセフ・レベラーの方がプロストより多くを語っているかもしれない。そのためプロストの証言や主張による一方的な内容にはならず、むしろ当時のF1界を客観的に見ているように感じられた。

感想、と言うよりも、セナとプロストの違いは
・プロストは高い能力を持っているが、根本的には普通の人間
・セナは人間を超越した存在

ではあるように思えた。
プロストは「死ぬためにレースをしているのではない」という(まっとうな)スタンスを持ち、「越えてはならない一線」を自分の中に設けている。
セナはレースに勝つことしか頭に無く、その「一線」を越えては超人的な走りを(時にはダーティな行為を)する。

セナがイモラで逝ってしまったのは、人間を超越した存在だから神に召されたのか?
それともプロストの引退時に和解して「普通の人間」になれけど「一線」の向こう側での成す術を失くしてしまったからだろうか?
この本を読んでいる途中と、読み終えた後で、そんなことを考えた。



セナvsプロスト?史上最速の”悪魔”は誰を愛したのか!? (SAN-EI MOOK)
三栄書房
マルコム・フォリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
セナvsプロ。
懐かしいですね。

ちなみに世の中の大半はセナ派でしたが、ひねくれ者の私はプロスト派でした。
あの計算高いレース運びが魅力的に見えたんでしょうね。

プロスト引退後は、今度はマンセルでしたね。
あのモナコでのバトルは忘れられません。
やはりライバル関係が楽しい時代だったんだと思います。
Kei
2010/07/06 23:49
>Keiさん
私はセナかプロストのどちらかに肩入れしなかったかな、と思います。しかし2年続けてこの2人が鈴鹿で絡んだのには呆れたというか、がっかりさせられた記憶があります。
まさひさ@管理人
2010/07/08 20:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
「セナvsプロスト」を振り返る まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる