まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 12ヵ月点検とリヤ・ブレーキパット、ディスク交換(2010-7-17 115,727km)

<<   作成日時 : 2010/07/19 17:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7/17〜7/19の3連休の初日に、行きつけのディーラーでファンデューロの12ヶ月点検を受けてきた。
いつもなら冷却水の交換とバルブクリアランスの点検・調整もしてもらうが、2月のエンジンOH時にこの2点はやっているので今回は不要。後は通常の点検メニューの前後ブレーキフルードの交換、リヤのブレーキパットとディスクの交換をやってもらった。

画像
新品交換後のパットとディスク。パットはプレミア製で、普段は目立たない部品だけど赤という目立つ色だと映えるな(^^)

尚、前回のディスク交換は2005/10月、約7万kmの時点だから4万kmももったことになる。通常2.5万kmで替えているので、この頃は高速・長距離走行の頻度が多かったのだろうか。
パットの方は2008年8月、10.6万km時点で交換しているから約1万kmもった。

12ヵ月点検の結果は特に問題なし(充電電圧も正常)。但しブレーキディスクのボルトは錆が多かったので、次回のディスク交換に合わせて替えることを勧められた。点検前に気になっていたこと、点検の翌日に280km程走って気付いた事を書いておこう。

【メインハーネスのコネクターの絶縁チューブの焼け焦げ】
チューブの片側だけを閉じる「開放式」にしてからは再発せず。コネクターの熱を逃がしてやるというメカニックさんの読みが当たったか。

【フロントブレーキ】
効きの甘さは感じなくなった。
交換したパットのアタリがついた(減って凸凹ができたディスクに合わせてパットも減って、ディスクとパットの接触面積が増えた)のが理由らしい。

【リヤブレーキ】
4分山だったパットは、その前の週末に市街地走行でガンガン使ったら3分山まで減った。パットにてもタイヤにしても、消耗品というのは5〜6割使うと減りが早くなるのだろうか?またペダルの踏み代が大きくなった(ベーパーロックの前兆?)もの気になる。
今回ディスクとパットを交換するのに併せピボット周り(ってどの辺?^^;)も清掃してもらったが。本調子になるのはパットとディスクのアタリがついてからか?
ペダルの遊びが少々大きい気がしたので、しばらく様子を見た上で、必要ならば調整してもらおう。

【エンジン】
5000rpmを越えるとハンドルやステップに微振動が出るようだが、条件によって出たり出なかったり、(微)振動の度合いが違うようだ。昨日(7/17)感じた限りでは、車の後ろについてゆっくり加速する際には出て、料金所の出口からの自分のペースで加速(*急加速ではない)する際には出ない(或いは気にならないくらいに振動が小さい)ようだ。
これも走り込んでアタリがつくことでまた変わるかもしれないので、しばらく様子見である。

【タイヤ】
リヤの減りが最近になって早くなったような気がする(4分山→3.5分山?)。スリップサインに行くまでにはまだまだ山があって走れるものの、知らず知らずのうちにグリップが落ちているような気がする(加速時は気にならないが、ブレーキング時に感じる)。
それではタイヤの発注はしたのだが、最近海外メーカーのタイヤが全然入荷してこない・・・・・第一希望はメッツラーのツアランスEXP、第二希望はミシュランのアナキーUだが、どちらか先に前後共入荷した方に交換する予定。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12ヵ月点検とリヤ・ブレーキパット、ディスク交換(2010-7-17 115,727km) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる