まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS ミシュラン・アナキー2の第一印象

<<   作成日時 : 2010/10/03 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

待てども待てども入荷しないメッツラー・ツアランスEXPを諦めて、ミシュラン・アナキー2を注文したのだが、こちらは日本に在庫があるので1週間ほどで入荷し、先週末(9/26)に交換した。
画像
参考までに3年、1.8万km使ったツアランスの写真。左が前輪で中央部にスリップサインがあるので、磨耗の具合が解るだろうか。
なお、フロントブレーキの効きの甘さは、やはりタイヤの磨耗が原因だった(交換後は発生していない)


こちらがアナキー2。トレッドパターンなど外見上は前作のアナキーと変わりが無いように見えるが、
画像
バイク屋さんは開口一番「えらくガッチリしたタイヤだと思ったら、ラジアルタイヤだよ」
・・・つまり従来のアナキーはバイアスタイヤだったのか。全然気にしていなかった(^^;)

先週末とこの週末(10/2)で300km弱ほど走ったが、旧アナキーとは随分印象が違うのに驚かされた。
旧アナキーは「トレッド面に接着剤でもつけたのか?」と思うようなグリップ感があり、良くも悪くも「粘っこい」感じのするタイヤだった記憶している。
ところがアナキー2は目立った特長はなく、全般的に良くまとまった(感想を書くのが難しい)タイヤという印象を受けた。言い方を変えると、旧アナキーよりもツアランスに似ている。
ツアランスに比べると、直進時の安定感はアナキー2の方が若干高く感じる。一方でタイヤの剛性が高いせいなのか、路面の継ぎ目やマンホールの段差には明確に反応する(突き上げが来る)ようだ。

とは言え、まだ一皮剥けていないというか、センター部のヒゲも取れきっていない状態なのでこれらは第一印象でしかない。もっと走り込んで印象が変わったらまたレポートします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アナキーユーザーの Pawpaw です。

>旧アナキーは「トレッド面に接着剤でもつけたのか?」と思うようなグリップ感があり、良くも悪くも「粘っこい」感じのするタイヤだった記憶している。
ところがアナキー2は目立った特長はなく、全般的に良くまとまった(感想を書くのが難しい)タイヤという印象を受けた。

アナキーを入れたとき、旧 T66 (*1) より路面への食いつき感が穏やかで好印象 (*2) でしたが、アナキー2では更に(ロード寄りデュアルパーパス車にとって)好バランスにまとまったようですね。次回も(は)アナキー(2)にしてみます!

*1:T66 は食いつきすぎて「フロントフォークが細くなったような感じ」を受けるほどでした(^^;。

*2:その時点でのマイベストタイヤは T65。でも既に型落ち。
Pawpaw
2010/10/04 08:31
>Pawpawさん
F650で、T66→ツアランス→コンチネンタル・エスケイプ→旧アナキー→以降はツアランスと履き替えてきましたが、T66が特別グリップが良いとは感じませんでした。一方で旧アナキーはやたらグリップする(但し5部山まで)という印象を受けたのは、バイクや交換前に履いていたタイヤのせいでしょうか。

これまでのマイベストタイヤはツアランスですが、アナキー2に変わるでしょうか?そうなるとツアランスEXPも尚更試したくなりますね(^^)
まさひさ@管理人
2010/10/04 21:20
私の場合
T65→T65→T66→(休眠)→Anakee
でした。T65→T66 時の落差が「印象的」でした。
Pawpaw
2010/10/05 07:06
私の場合、F650に元々装着されていたのがT66でしたので、これがタイヤの評価基準になっているようです。
今思うと設計の古さを感じたこともあったかもしれませんが、あのトレッドパターンで意外に林道でも走れるのに少々驚いたこともありました(^^;)
まさひさ@管理人
2010/10/05 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミシュラン・アナキー2の第一印象 まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる