まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 白ファンデューロのバッテリー上がり(2011-10-8 123408km)

<<   作成日時 : 2011/10/08 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

実は先月、ファンデューロのある部品が脱落していた。その対応を相談しに品川の「ボクサーハウス」に行こうとしたら・・・・・セルモーターが回らない。
650cc単気筒エンジンは、一人では押しがけ出来るシロモノでない。ジャンピングしようにも、青ポロは父が用事で乗っていってしまった。

夕方になって父が帰ってきたので、青ポロを「電源車」にして白ファンデューロをジャンプスタートさせて荻窪の「フラット杉並」へ向かった。そして4km程走ってフラット杉並に着くと、エンジンを切っても再始動できるくらいに、バッテリーは復旧していた。
・・・・ということは、幸いにも発電系や充電系に以上はなく、3週間走らせなかったせいでバッテリーを上げてしまったのか?<点検の結果は、まさにその通りだった。

但しセルモーターの回り方が少々弱いので、バッテリーの寿命が近いことも明らかである。今のバッテリーは交換から3年とちょっと経っているから寿命を迎えてもおかしくない(むしろ良くもった方だと思う)。

今は大丈夫でも出先で上がったりしたら困るので、新品バッテリーに交換することにした。
あいにく在庫が無く入荷待ちになったので、この3連休はバイクでの遠出は自粛だな・・・・。

ところで・・・・・
ジャンピングの際、「電源車」はエンジンを掛けておくのだと認識している。
「電源車」のバッテリー上がり防止の為だと思っていたが、エンジンを掛けて「発電」していないと相手車(バッテリー上がり車)のエンジンを始動させるだけの電力を供給できない、というのが本当の理由なのだろうか。
敢えてポロのエンジンを掛けずにジャンプスタートが出来るか試したが、ファンデューロのリレーがジージー言うだけでエンジンを掛けられなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
バッテリーの充電器を買っておくことをお勧めします。電源から充電器経由でバッテリーに接続し、ブーストすれば始動できます。便利だよ。
Josha
2011/10/10 22:47
>Joshaさん
日が経つにつれて「やはりバッテリー充電器を買うべきかな」という思いが強まっています。
まさひさ@管理人
2011/10/11 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
白ファンデューロのバッテリー上がり(2011-10-8 123408km) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる