まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 不可解な始動不能の、間抜けな原因(2013-3-23 125,919km)

<<   作成日時 : 2013/03/24 13:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

3/23(土)はバイクで出かける予定だったので、前夜からバッテリー充電を始めた。
朝になると、充電器の表示ではFull充電になっていたのだが・・・・

(1)キーをONにしてもニュートラルランプが点かず、セルモーターも回らない。

(2)ジャンプスタートもできない。

(3)再度充電器を繋いで30分くらい経つと、正常にセルが回り、それ以降は再始動も問題なくできる。

・・・というふうに、先日の不可解な始動不能が再発してしまった。

ジャンプスタートが出来ないという妙な点があるものの、バッテリーがダメになったのだろうと考えていた。
一応バイクは動くし、念の為バッテリーの比重等も診てもらおうとバイク屋さんに行ったら・・・

メカニック氏「最近バッテリーを外しました?」
私「先々週に、バッテリー液補充の為に外したけど」
メカニック氏「+側の端子が外れてますよ」
画像

写真の通り、私のFunduroはバッテリーに繋がる端子が2つある。@はメインハーネスに繋がり、Aはオプションで付けた電源ソケットに繋がる。私はAの端子はボルト留めしたけど、@は付け忘れていた。

そりゃ、メインハーネスの+側から繋がってなきゃ、ジャンプスタートもできる訳がない。
(ジャンプスタートの時は、車の+側と、バイクのバッテリーの+端子(とA)が繋がっていたのだから)
ジャンプスタートの後で始動するようになったのは、赤いカバーを被せた際に、@の端子とバッテリーの端子が上手く接したからだろう。

よく考えると、バッテリーとメインハーネスの端子が結合されずに、接するだけで通電しているというのは、かなりおっかない状態である。端子が僅かに離れると火花が飛んで、メインハーネスが燃える可能性だってあったのだから。
(実際に車両火災になったケースもあるそうだ)

ひどく間抜けな事をしてしまったが、その一方で運には相当に恵まれていたのだろう・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分も一度電装部品のネジの締め忘れがあります。
バイクもそろそろ冬眠から目を覚ますかなぁ
注文したタイヤ アナキーV届きました。
ha
2013/03/27 02:12
>haさん
ネジを締め忘れて、点かない・動かないだけならまだ良かったのですが・・・今回は自分のアホさ加減に呆れると同時に怖くなりました(--;)。

タイヤで思い出した余談ですが・・・・昔、250ccのオフ車のタイヤ交換をした後でブレーキのエア抜きを忘れた事があります。押し歩きでブレーキを掛けてもサーっと動いた時には、血の気もサーっと引きました。
まさひさ@管理人
2013/03/27 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
不可解な始動不能の、間抜けな原因(2013-3-23 125,919km) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる