まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS もはや「異常気象」ではなく「災害」である・・・(2013-8-14)

<<   作成日時 : 2013/08/14 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

何が?・・・・それはこの夏の暑さ。

夏休みの初めに「今年の夏休みは積極的にぐうたらしようと思う」とBlogに書いたけど、そんな悠長なことを言っていられないのが実情のようだ。

 総務省消防庁は13日、熱中症で今月5〜11日の1週間に救急搬送された人が全国で9815人、うち搬送時に死亡が確認されたのは17人(いずれも速報値)に上ったと発表した。

搬送者は東北、北陸を除く各地で梅雨が明けた後の7月8〜14日の週(1万1427人)に次いで多かった。死者は最多だった。

7月15日以降の週単位の搬送者は2000人台〜4000人台で推移していたが、猛烈な暑さが戻った8月7日以降に急増し、前週(7月29日〜8月4日)の3.3倍に増えた。今年の統計開始(5月27日)後の搬送者は計3万9944人、死者は計52人となった

(元記事:http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20130813-567-OYT1T00509.html 赤字・太字は当blog管理人によるもの)

1週間で17人、約2ヵ月半で52人も亡くなるのは、普通の台風や事故では考えにくい事だと思う。
変な例えになるが・・・・・
東京にとっては10cmの積雪も災害であり、1日で100人前後が救急車で搬送される。でも10cmの積雪が1週間続いたとしても、搬送者は単純に計算して700人。死者は17人も出ないのではないか?

夏休み中の事故として思い浮かぶのは、交通事故と水難事故だけど、熱中症についても同じように注意が必要だと思う。

ところで・・・・
常々考えていが、今年は特にその思いが強いことがある。それは
夏の全国高校野球大会は、高校生に実に酷いことをさせてるのではないか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
残暑お見舞い申し上げます(^-^)/
今夏の暑さは異常だねえ…。
高校野球は夏休みを利用しているから、変更するには長期の秋休みでも設定しないとねえ。
雪国は5月でも雪が残っているのが当たり前だから、グランドで練習する期回が他府県よりも限られる(冬場は体育館で室内練習のみ)。
それでも真夏にやるなら、甲子園のドーム化?
ターク鷹
2013/08/19 19:55
>ターク鷹さん
今日は夏休み明けの初出勤でしたが、暑さと湿度のせいで会社に行くだけで疲れてしまいました・・・

考えてみたら、全国高校野球大会は春・夏と年2回やってるんだよね。また、他のスポーツの全国大会は夏にやっていない(サッカーやラグビーは冬?)ことを考えると、敢えて夏にやらんでも・・・と、やはり思ってちゃうねぇ。
まさひさ@管理人
2013/08/19 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
もはや「異常気象」ではなく「災害」である・・・(2013-8-14) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる