まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS つまらない(と言う)大人にはなりたくない

<<   作成日時 : 2013/11/29 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「最近の車はつまらない」・・・・そんな台詞を、同年代の人から聞くことが多いように思える。
車でなくても、バイクや別のものが「つまらない」と思っている人もいるだろう。

私には「つまらない」と言うことが、物事を「つまらなく」しているように思えるのだが・・・・・

確かに昔と今では、車やバイクだけでなく、色々な物事が変わった。
でも「変わった」=「つまらなくなった」とは言い切れないだろう。
そもそも自分自身が「少年」や「青年」から、「大人」(というかオッサン)に変わっているのだ。

単に歳を取ったからと言って、興味や感受性が失われるとは思わない。
むしろ歳を経て、知識や経験を得たことで、物事を見る目は養われただろう。しかし・・・・・「目が肥えた」ことは「見る目が厳しくなった」ことでもある。
そうであれば、実は若い頃と同じくらい凄いものを見せられても、感激しない(できない)だろう。
逆の見方をすれば、10代後半や20代の頃に凄いと思ったモノだって、40代の今、先入観抜きで改めて見てみたら、悪い意味で驚いてしまうのではないか?

・・・・・というのが私の個人的な見解。ついでに個人的に思うことをもう1つ。
「つまらないと言ってばかりいると、自分自身がつまらなくなっちゃうんじゃない?」

つまらない大人にはなりたくない
(佐野元春「ガラスのジェネレーション」)
のなら、
素敵なことは素敵だと無邪気に笑える心
(佐野元春「サムデイ」)

を大事にしなければならない、と思った。

<補足>
少年の心を持ったまま大人になることは不可能ではない。そういう人達が私の周りには何人もいる。
但し・・・・・少年の心に、大人の財力・知識・行動力等が加わった為に、物欲を爆発させたり、凝りまくったり、数百kmの旅が日常化している、タチの悪い大人が多い・・・と言うか殆ど・・・いや、全部?

でも、大人が馬鹿をやるからには、中途半端にやってはいけない。
若い人たちの見本となるように、とことん馬鹿をやらなくては(爆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
某探偵漫画で「見た目は子供頭脳は大人」という台詞がありますが、周りには「見た目は大人頭脳は子供」という人をたくさん知っています。
kat
2013/12/01 18:37
>Katさん
やっていることも、子供の頃に自転車や銀玉鉄砲でやっていることの増大&強化ですから(爆)
まさひさ@管理人
2013/12/01 18:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
つまらない(と言う)大人にはなりたくない まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる