まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS ファンデューロの近況(2014-5-3)

<<   作成日時 : 2014/05/03 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月になったというのに、今年になってから未だにバイクに乗っていない・・・・・

とは言え、連休だから乗る機会もある(作れる)だろうから、まず(これも久しぶりに)点検することにした。

【バッテリー】
3ヶ月に一度くらいはエンジンを掛けたり、補充電したので全く問題なし。
液が全然減っていないのには驚いた。(昨年の夏に交換した、新しいバッテリーだからか)

【エンジン】
セル1発で掛り、1分ほどアイドリングさせたが異常は見られず。

【エンジンオイル】
昨年の秋から、ドレンボルトにエンジンオイルが滲んで垂れる・・・という現象が出ている。4か月以上乗らずにいたら、このくらい垂れていた。
画像
缶の大きさは煙草の箱くらい。
エンジンを掛けている(アイドリングさせている)ときには滲んでくる様子は無く、1週間くらい経つと滲んでくるようだ。
一方でエンジンオイルの量はLowレベルを切っていたので、0.3L?くらい補充した。

やはり、走っていない→オイルが溜まりっ放しになる→滲む、であるように思える。
補充用のオイルを用意し、なるべく走る機会を作って様子を見ようと思う。

【クーラント】
リザーバータンクのLowレベルまで減っていたので、Hiレベルまで補充。蒸発してこのくらいは自然に減る。
(1回だけ空っぽになったが、その時はオイルシールが破れて、クーラントがエンジンオイルに混入して白濁していた<別名:カフェオレ現象)

【チェーン清掃&注油】
特に汚れも無ければ、チェーンオイルは落ちていないので、そのままで半年近く過ごしてしまっただろうか。
試しに清掃と注油をしたら、後輪の動きが明らかに軽くなった・・・・・チェーンの清掃と注油は面倒臭いけど、やっただけの見返りはある事なのだと再認識した。(汗)

【チェーン調整】
しばらく見なかったら、思いの外弛んでいた・・・「オーナーの弛みがチェーンに出る」と言われたら反論できないな。(汗)
トレール車のスネイルカム式チェーンアジャスターと違って、大抵のバイクのネジ式アジャスターは微妙な調整ができる・・・というよりも、微妙に調整する必要があると常々思う。F650ファンデューロの場合、アジャスターのネジを45°くらい回すと、チェーンの張り具合が「やや許過ぎ」→「きつめ」になるという感じだ。

今回は張り過ぎてしまい、再調整ですったもんだした。
銃器の光学照準器(スコープやダットサイト)の調整ネジは5°くらい回すとクリック感がある。そういうボルトをチェーンアジャスターに使ってくれると微妙な調整が楽にできるのだが・・・。或いは、回すとクリック感のある工具は無いだろうか?
ふと思ったが、一番簡単な解決策は、アジャスターのネジの頭に5〜10°毎の目盛りをつけることかもしれない。

【タイヤの空気圧】
一番肝心なことかもしれない。
先週エアポンプで空気を多目に入れておいたので、今日は幾らか抜いて適正な値にした。

長期間乗らない場合には、
「タイヤの変形を防ぐために空気圧を高くすべき」(某正規ディーラー)
「肉体をリラックスさせるとの同様に、空気圧を低めにすべき」(某タイヤメーカー)
という意見があるが、一般ユーザーがやり易いのは前者だろうか。(洗車や点検の際に、タイヤに空気を多目に入れておく)

・・・・などとやっていたら、点検だけでくたびれてしまった。(夏のような暑さも一因か)
明日は車を12ヵ月点検に出しに行くので、バイクの初乗りは明後日か?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファンデューロの近況(2014-5-3) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる