まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS マイナーチェンジしたVWポロに事前(?)試乗

<<   作成日時 : 2014/08/23 21:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

内覧会ということで、新しいポロに試乗できた。

大きな変更点として、自動ブレーキ、疲労検知システムと言った安全装備が追加された。またエンジンが2バルブから4バルブになった。
画像
外観はバンパーの開口部やホイールキャップのデザインが、高級志向?に変わった。(ホイールキャップは交換したいな・・・・)
内装はシートが黒系のチェック柄になり、ステアリングやシフトレバーの質感も上がるという嬉しい変更がされた。尚、試乗車はオプションの車間距離保持システムを装着していたので、ステアリングに色々とスイッチが付いているのに加えて、パドルシフトも装備されていた。

そんなマイナーチェンジ版ポロで走り出して、私と同乗したセールス氏の最初の会話は「出足、いいですね」「ゴルフRより(出足が)いいんじゃないですか?」だった。確かに低速トルクは、自分の白ポロよりひと回り太くなったと感じた。
しかしディーラーに帰ってカタログを調べたら、新型の4バルブエンジンの方が、従来の2バルブエンジンより、最高出力も最大トルクも僅かに落ちているのだ。トランスミッションやファイナルの減速費は変わらないし、車重は30kg増えている(安全装備の分か)。
エンジンやトランスミッションの制御を、上手く改善したのだろうか。

(ところで、ゴルフRと比べてもポロが出足が良いように感じたのは、車重のせいじゃなかろうか?ポロの方が300kgくらい軽いのだ。)

他に従来のポロと差異があると感じたのが、車高と乗り心地。
車高(最低地上高)が2〜3cm上がって、その分路面からの突き上げもより軽減されたと思ったのだが、これもカタログで確認したら、最低地上高は変わっていなかった。たまたまこの時はシートを高目に調整していたのか、或いはシート形状が変わったので「高くなった」と感じたのか。
尚、乗り心地については、姿勢の変化も大きく減ったように感じた。感触としては、車体と路面の間に良質で分厚いウレタンのシートを挟んでいるかのようだった。

ブレーキは従来と変わらないと感じたが、元々不満はないのでこれで良しと言える。

昔(から)、「最新のポルシェは最良のポルシェ」と言われるけれど、VWの車も同じかな・・・と思う。
(但し、車幅はこれ以上拡げないで欲しい・・・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイナーチェンジしたVWポロに事前(?)試乗 まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる