まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 今も「彼女」と呼ぶのか?

<<   作成日時 : 2014/12/14 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画「フルメタルジャケット」で、米海兵隊の訓練生は、自分の銃に女性名をつけるように指導されていた。米海兵隊には「ライフルこそわが友」という標語があるくらいだから、「恋人のように大事に扱え」と、そのように教育をしていたのだろう。
一方で、今では米軍・海兵隊に限らず女性兵士が増えた。となると、女性の訓練生には、ライフルに男性名を付けさせているのだろうか?

ライフルは1人に1挺が与えられるから、各々の性別に合わせて命名すればよい。
一方で女性の代名詞(she)で呼ばれる船の場合はどうなのだろう?
そもそも大事なのもを女性として見るのは、男性・男社会だからのこと。最近ではアメリカ海軍に女性艦長がいるくらいだから、結構の船乗りも結構多いのだろう。そうなると、今でも船を「she」と呼んでいるのかな?と疑問に思えてきた。

しかし、女性乗組員の増加よりも『船を「she」と呼んでいいのかな?』と思わせる要因があった。
というのは『男性の名前を付けた船がある』ことである。
それも今の話ではなく、第2次大戦の前から。
(イギリスの「キング・ジョージ5世」「プリンス・オブ・ウェールズ」、ドイツの「ビスマルク」「ティルピッツ」等)

・・・・・こういう船を「she」と呼んだら、○○○呼ばわりか?(汗)
しかも(?)、軍艦に元首や王族(殆ど男性)の名前を付けるケースが多いのだ。

<余談>
英海軍の新型空母には「マーガレット・サッチャー」と命名するのが相応しいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今も「彼女」と呼ぶのか? まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる