まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 【訂正】エアフィルターがオイルまみれ?(2016-10-30 133,615km)

<<   作成日時 : 2016/11/12 13:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2〜3週間前から、F650ファンデューロの右側にあるドレンホースからエンジンオイルが垂れていた。
冷却水やバッテリー液と同様に、余分なものが蒸発して垂れたのだろうと、さして気にせずにいたのだが、念のためにエアフィルターを点検してみると
画像
エアフィルターにオイルが飛び散っていた。下の部分はオイルが染みた状態。
画像
エアクリーナーボックスの下にはオイルが溜まっていた。
幸いにも、オイルが付着したり溜まったりしていたのはエアフィルターの向こう(吸気口の側)だった。
(キャブレターがオイルを吸いこまなくて良かった・・・・)

【訂正】
オイルが付着していたのはフィルターのキャブレター側でした。


なお、走っていても特に不具合は感じなかった。エンジンオイルの減りもいつもと変わらないか、むしろ少な目だったとも思う。
(洗浄済みのエアフィルターに交換した後は、始動時も走行時も、エンジンの調子は格段に良くなった・・・・・)

どうしてこうなったのか・・・・・

1つ思いついたのが、レース用の車両に付けられる「オイルキャッチタンク」という部品のことだった。
こんな風に溜まってしまうエンジンオイルを、コースに漏らさない為に装着が義務付けられているのだろうか。

もう1つ思いついたのが、「ブローバイガス」のことだった。
何かの本に「ブローバイガスは、オイルキャッチタンクで回収される」と書かれていたような気がするのだ。

そこでブローバイガスについて、簡単に調べてみた。
(続きは次記事で)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【訂正】エアフィルターがオイルまみれ?(2016-10-30 133,615km) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる