まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 白ファンデューロのブローバイガス(2016-11-12 133,968km)

<<   作成日時 : 2016/11/12 17:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ウチのF650ファンデューロのエアフィルターがオイルまみれ(?)になったのは、「ブローバイガス」のせいじゃないかと思ったので、簡単に調べてみた。

ブローバイガスというのは、クランクケース内に溜まってしまう、ガソリンとエンジンオイルが混ざったガスのこと。
燃焼室はピストンリンクとエンジンオイルで気密が保たれているけれど、ごく少量が漏れてしまうらしい。
このガスはクランクケースから抜いて、エンジンに再度吸いこませて燃焼させる。
画像
この黒いホースで、ブローバイガスがエアクリーナーボックスに送られる。

画像
バッテリーの裏の辺りで、ブローバイガスのホース(左)がエアクリーナーボックスに繋がっている。
意外にもエアフィルターよりも内側(キャブレター側)にあるのだが、一度エアフィルターでろ過されている(ゴミ、埃は無い)から、これで問題ないのかな。


画像
もう1本のホースは、エアクリーナーボックスの底に溜まったオイル等を抜く為のドレンで、先端に蓋が付いている。

画像
ドレンはもう1本、エアクリーナーボックスの後端にもある。こちらはエアフィルターの向こう側で、先端に蓋はない。右のステップの辺りに出ている他の2つのドレン(給油キャップと冷却水のタンク)と同様に、水抜き用だろうか。

こうしたことから
@エアクリーナーボックスには、ブローバイガスに含まれたエンジンオイルが溜まる。
A溜まったらドレンから抜けばいいが、ここ数年ロクに走っていないので抜き忘れていた。
→溜まったオイルがエアフィルターに付着
さらに、
B今回はエアフィルターの向こうにもオイルが流れ、一旦気化してから凝結
→水抜き用のドレンからも出てきた
ということになったのではないか・・・と考えている。
(*あくまで素人の推測)

ところで、ブローバイガスに含まれて、エアクリーナーボックスに溜まるエンジンオイルは、どのくらいの量になるのだろう?今回の件が発覚した後、高速を含めて350km程走行している。試しにドレンを開けてみたら

このくらい出てきた。(容器は350ml缶)
取り損ねた分があるので、実際の量はもう少し多い。数十mlというところか?
異常とも正常とも言えないので(とりあえず、いきなりエンジンが焼き付くような心配はなさそう)、当面はこまめに確認しよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白ファンデューロのブローバイガス(2016-11-12 133,968km) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる