まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 21世紀のバイクと、20世紀のバイク

<<   作成日時 : 2017/03/25 21:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

友人が新型アフリカツインを購入した。
最新のアドベンチャーツアラーなので、フィーエルインジェクションとABSに加えてトラクション・コントロール、そして多機能の液晶(デジタル)メーターも装備。友人曰く「自分がこんな(に電子装備が付いた)バイクに乗る日がくるとは思わなかったw」

一方で私のF650ファンデューロは、ABSもトラクションコントロールも無く、エンジンへの燃料供給はキャブレターだ。(現在の路上ではレア物?)
メーターは勿論(?)アナログ式で、液晶モニタも電子制御も無い・・・・というか、電気を使っているのは点火系と灯火類だけだろう。

そもそも2016〜7年式のアフリカツインと、1993〜97年式のF650ファンデューロでは、生まれた時期が約20年ちがう。それがこうした装備の差に現れているのか?
しかし、これまでに試乗したバイクを思い返してみると、エンジンのモード切り替えやABSが装備されるようになったのはここ2〜3年のことじゃないかな。(BMWは以前から装備していたが)
ということは、ここ数年で環境面や安全面の規制強化等があり、それを転機としてどのバイクメーカーもインジェクションやABSを装備するようになったのだろうか?

・・・・・などとクダクダ書いたが、21世紀になったからと言って人間や道が極端に変わった訳ではない。
だから20世紀末のバイクであるF650ファンデューロでも、普段は特に不満や不便を感じず、楽しんで走れる。
しかしバイクの電子制御を否定する気は無い・・・・というより、正直に言って羨ましい。ABSやトラクション・コントロールは何かあった時の助けになるし、インジェクションの方が燃費が良い(=航続距離が長い)というメリットが明らかにある。
「キャブレターのフィーリングが好き」等の意見は否定しないけれど、電子制御が無いメリットは何かあるのか?
壊れた時の修理費が安いことくらいしか思いつかない・・・

(余談)
実は20年オチのF650ファンデューロが古いバイクだという認識は持っていない。
現役で走っているOHVボクサーを某所でよく見るせいだろうか。ついでに言えば、単気筒のF650GSは比較的新たしいバイクだと認識している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はい、お陰様で未だに慣れてませんw
餅突
2017/03/25 21:38
>餅突さん
キャブレターに換装しますか?(^_^;)
まさひさ@管理人
2017/03/26 00:08
電子制御てんこ盛りだと、古くなると故障箇所本体より複雑なバスケーブルが入手困難でお手上げだったり。性能が良くなるのは賛成ですが、古くなった場合のリカバリーが悪くなるのは考え物ですね〜、
Kat
2017/03/26 16:21
>Katさん
コンピュータ絡みの電子部品はその問題がありましたね・・・・・
まさひさ@管理人
2017/03/26 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
21世紀のバイクと、20世紀のバイク まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる