まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS チェーン・スプロケット早期摩耗の原因は?

<<   作成日時 : 2017/08/03 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日の車検で予想外のチェーン・スプロケット交換をした白ファンデューロだが、1つ思い当たることがある。チェーン調整のミスで、後輪とチェーンが真っ直ぐではない状態の(=チェーンラインがずれている)時期があったのだ。

改めて調べてみたら、チェーンラインのすれが発覚したのは前回の車検(2015年7月、12.9万km)。それまでにどれだけ走ったかというと・・・・・少なくとも2400km、同年5月に自分でチェーン調整した後からだ。実際にはもっと長いかもしれない。

チェーンラインのずれが早期摩耗の原因じゃないか、というのはあくまで素人の推測。
ただし単気筒バイクはチェーン、スプロケットの負荷が大きいので、普段から気を使っておけば後で余分な金を使わずに済むかもしれない。

余談になるが、F650ファンデューロの前に乗っていたヤマハTT250Rも2万km毎にチェーン・スプロケット交換をしていた。やはり単気筒はトルク変動が大きいから駆動系の負荷が大きい・・・・というよりも負荷の増減が頻繁だからチェーン・スプロケットの摩耗が激しいのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チェーン・スプロケット早期摩耗の原因は? まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる