行田(?)のフライ

先週(1/21)足利の珈琲屋台「アラジン」に行く途中で、埼玉県妻沼町の道の駅めぬま(R407沿い)に立ち寄った。そこで焼きそばと一緒にフライが売られていた。

フライと言ってもエビフライ等のパン粉のついた揚げ物ではない。この画像のように、一見お好み焼きのような食べ物である。
画像

これが埼玉県行田市の郷土料理のゼリーフライなのか?と思ったら、フライ(行田のフライ)という郷土料理もあるという。

食べてみると(見た目の通り)味も食感も薄く焼いたお好み焼きのようだった。
材料も小麦粉、ネギ、天かす、桜海老、削り節・・・・とお好み焼きと同様だから当然か?(但しキャベツは入っていない)

ところで、実際に行田市で食べられているフライもこれと同じようなものなのだろうか?
(妻沼町と行田市の距離は10kmくらい。間に熊谷市を挟んでいるが、そう離れてはいないか?)
もしかして中央道・談合坂SA(山梨県)で売っているローメン(長野家伊那市の郷土料理)のように、他所の土地の人にも食べ易いようにアレンジしているのかな、と思ったので・・・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック