ドイツの戦闘糧食と陸自の赤飯を入手

5/27(日)に浜松町で行われたビクトリーショーに行った。Gun、ミリタリー関係のイベントは色々あるけど、ビクトリーショーはミリタリー関係の出店、個人ブースが多いように見受ける。

現地でサバゲ仲間のKatさん、Joshaさんと合流し、会場を見て回る。今回はMRE(米軍の戦闘糧食)が売ってたら2つくらい買っておくかな、今回はそんなに出費しないかな・・・・と思っていたのだが、いきなりドイツ軍の戦闘糧食に散財していた(^^;)
画像

TypⅡ(ハンバーグ類)とTypⅢ(シチュー類)が各1個ずつあったが、私が買ったのはTypⅢ
*後日確認したところ、このTypⅢがハンバーグ類だった。買うときに私が勘違いしたかな?


画像

ちょっとだけ開けてみた。1日3食分の食材がきっちり詰っている(欧州の戦闘糧食は大抵3食で1セット)。表記が全部ドイツ語なので、冗談抜きで予習してからじゃないと喫食できない(^^;)
ヨーロッパの戦闘糧食は美味いと聞いていたので食べたいとは思っていたが、そうそう売っていない上に、出物があっても8000~1万円前後はする。今回は6500円とかなり買い得な値段がついていたので、なんとか思い切りをつけて購入できた。

冷静に考えると、3食1セットで6500円と言ったら1食あたり約2100円。それだけのお金で普通の食事すれば、まともで美味いものが食べられるだろうが・・・・・それを言っちゃお終いよ、である(^^;)

(2007-06-03 追記)
ドイツ軍戦闘糧食の喫食レポートを掲載開始しました。
第1弾はこちら。以後続きます。


別のブースでは緑色の缶が山済みになっているのを見つけた。自衛隊の戦闘糧食1型だ。沢山あるから大丈夫だろうと思って他のブースを一通り回ってきたら・・・・・赤飯しか残ってない。おかず類や他のご飯類(鳥飯があったかも)は全部売り切れ(・◇・;)
画像

ともあれ赤飯を一個購入。おかず類は民生品の缶詰を用意してみようか。

(2007-10-20 追記)
赤飯の試食記を掲載しました。


ブルース・リーは映画の中で「Don't think, feel.」と言ったそうだが、珍しいモノが売っている場では「Don't think, Buy it.」なのだろうか?<我ながら危険思想だな(^^;)

この記事へのコメント

Josha
2007年05月27日 23:59
やっぱり、でしたね。
貴方は、これでなくては、ね。

しかし、珍しいモノが売っている場では、

"Don't feel, think."

の方が安全なようで。
 しかし、危険を冒さねば、得られるものも少ないか。

の~
2007年05月28日 18:21
なんかパッケージからしてプロペラマークがあったらBMWの純正部品って感じやね。
ドイツもんだから味にもマイスターのこだわりがきっとあることでしょう。
レポート待ってます!
Kat
2007年05月28日 21:13
最初の2周目に缶飯をあさって買い込んでいる男を見かけました。てっきりドイツ飯で終わりかと思っていました(^^)

Joshaさんのブーニーハットのように隣の店で金額が倍なんで事も有りますのでご用心。私は今回AK用レールシステムでデラックス 3万円とちょっと離れた店でスタンダード 2万円と危うく1万余計に出費するところでした。

対策はやはり「早起きは三文の得」で早めにいって考える時間を作る事でしょうか(^^)
まさひさ@管理人
2007年05月28日 22:31
>Joshaさん
「これでなくては」というはレーション買うことなのか物欲に伴う堕ちっぷりでしょうか?それとも両方でしょうか?(^^;)
「危険を冒す者が勝利する」をモットーにしていいのは某国の特殊部隊だけかと(^^;)

>の~さん
ドイツ軍レーションですが、軍用ぽくないと言うのが第1印象です。カタログ通販で「ドイツのお惣菜詰め合わせセット」と称して売ってそうな感じと言うか(^^;)

>Katさん
缶飯を物色する人を発見したときに「次の目標はコレだ」と思っていたのですが・・・(^^;)

「富士(スピードウェイ)には魔物が棲んでいる」という台詞を聞いたことがありますが、浜松町には物欲セイレーンが棲んでいるのでしょうか。
Josha
2007年05月29日 22:20
レーション・グルメ道邁進のすがすがしい様子のことです。
なお、賞味期限切れの可能性に挑むだけでも、もう十分に「危険を冒す者」だと思いますよ(笑)!
まさひさ@管理人
2007年05月30日 01:29
>Joshaさん
え~っと、賞味期限と消費期限は違うので・・・<詭弁(^^;)
封を開けてみて本当に危なそうだったら「勇気ある撤退」(?)をします。MREではメインディシュは平気だけど菓子類がダメというケースが何回かありましたね。
Josha
2007年05月30日 21:24
身体だけは壊さないようにね。
とはいえ、私自身、期限についてはそれほど神経質ではないのですが、危険な経過年数というのもあり、判断が難しいでしょうね。缶詰では、蓋が膨らんでいなければOKと言われていた時代もありましたね。

SAS式の識別法によると、まずかけらを口の中に入れて、しばらく様子を見て、しびれや不快感を感じなければ少量飲み込んでみて、さらにしばらくして身体に変化がなければ食べても大丈夫だとか。もっとも、これは、野生の葉っぱなどについてですが。
まさひさ@管理人
2007年05月31日 01:06
開けてみて異臭がしたり色が変だったり、少し口にして余りにも味がおかしければ喫食をやめようと思っています。

SAS式の識別方、私も「SAS戦闘員」で読みました(^^)

この記事へのトラックバック