まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京-岡山 移動記 part1 (2007GWツーリング その1)

<<   作成日時 : 2007/05/07 07:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

色々あってGW(ゴールデンウィーク)の予定を立てられずにいたのだが、結局5/2(火)〜5/5(土)に3泊4日のツーリングに行くことにした。
今回の行く先は岡山。以前九州や四国に行くときの中継地として2回泊まったのだが、「通り過ぎる」だけだったので、一度じっくり見て回りたいと思っていたのだ。

5/2早朝 目論見よりも遅れて5:16に東京都西東京市の自宅を出発。環八を経て用賀ICから東名高速に乗る。ちょっと寒めで、上半身はゴアテックスのジャケットに薄手のタートルネック、下半身はクシタニのカントリージーンズに薄手のタイツ、頭部はジェットヘルに薄手のパラグラバという服装で丁度いいくらいだ。
天気予報は晴れと聞いていたのだが、御殿場の辺りから雨が降り始めた。最初は小雨だったのだが、場所によっては本降り・・・・とは言え停まれる所もないので足柄SAまで走るしかない。幸いスクリーンのお陰でそう酷く濡れなかったし、ウェストバックを背中に回していたのでその中のカメラも濡らさずに済んだが。

画像

足柄SAのインフォメーションを見たら、浜松の辺りを除いて雨だと・・・・・・

朝食を摂ったりして天気の様子を見ると、今のところ雨は止んでいて、時折薄日も差す。居合わせたKLE400のライダーと「カッパを着るか着ないか悩むところですね〜」と話したが、とりあえずウェストバックにだけレインカバーを着けて、給油後に出発する。しかし、また雨脚が強まってきたので、すぐ先の愛鷹SAに入る羽目に・・・(^^;)。2輪の駐車スペースで四国に向かうというスポーツスター1200のライダーと話しながらカッパを着込む。もう少し休んでいくという氏と別れ、またF650で走り出す。

沼津から浜松の辺りで一時的に止んだものの、その先からはまた雨の中を走る。名古屋(小牧)を過ぎて名神高速に入っても雨は続く。
とは言え、カッパを着込んで濡れる心配が無ければ気持ちに余裕もできる。むしろ「降るなら降ってみろコノヤロ」と椎名誠風(?)の思いすら沸いてくる?確かにシールドにまとわりつく霧雨や小雨よりは、本降りの大きな雨粒の方が余程前が見やすくてマシだと思う。
(雨よりも、豊田辺りの少し強い横風の方が余程イヤだった)
関ヶ原の辺りでは少し寒く感じる。淡々と流れに乗って走っていると、トンネル脇の広場?で愛知県警のパトカーが訓練をしているのが見えた。

12時頃に多賀SA(琵琶湖の近く)に着きここで昼食。
画像

身体が冷えていたし結構空腹だったのでピリ辛トマトラーメンのセットを注文。スープにライスを入れて雑炊にするのがお勧めとの事。スープスパゲティ風で美味しかったが、腹がパンパンになったのには参った(^^;)
画像

晴れ間も見えたので、ここから先はカッパを着ずに走ったと思う。

長くなったので<その2>に続く。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京-岡山 移動記 part1 (2007GWツーリング その1) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる