ドイツ軍戦闘糧食TypⅢ試食記(その1) 中身のチェックなど

過日のビクトリーショーにて購入したドイツ軍の戦闘糧食(TypⅢ)をチェックしてみました。

画像

大きさの比較。米軍のMRE(左、1食分)と余り変わらない。ドイツ軍の戦闘糧食(右)が3食分ということを考えると、随分コンパクトだと思う。なお、箱はケーキの箱みたいなもので、決して丈夫ではない。

内容物。これだけの物がキッチリ詰め込まれている。
画像

左上から ①水の浄化剤(8錠) ②粉末ジュース。グレープフルーツ味とマンゴー味が各2袋ずつ ③インスタント紅茶 ④チョコレート ⑤ガム ⑥ブックマッチ ⑦ウェットティッシュ ⑧塩 ⑨砂糖(4袋) ⑩ソーセージ2種 ⑪スプレッドチーズ ⑫ジャム2種 ⑬内容物一覧(独、英、仏語) ⑭メインディッシュその1(豆腐の野菜スープ煮) ⑮メインディッシュその2(ハンバーグのトマトソース) ⑯プディング ⑰ライ麦パン ⑱ビスケット あと番号を付け忘れた(^^;)が、⑦,⑧の下に敷いてあるグレーの紙は多目的紙(4枚)
尚、内容物一覧と照らし合わせたところ、インスタントコーヒーと粉クリームが欠品しているようだ。

パッケージが金色や銀色でピカピカしているせいか、軍用品のような感じがしない。
「ドイツのお惣菜詰め合わせセット」あるいは「通販で買えるルフトハンザ航空機内食セット」と言っても通用しそうだと思うのは私だけ?

画像

アルミのパックに入っているブックマッチにはハリネズミのイラスト(画像左)
白いのがドイツ軍戦闘糧食、緑のが米軍MREのマッチ(画像右)

画像

ライ麦パンの缶(上)とメインディッシュの容器(下)にあった刻印。2001(年)は製造年?消費期限?

試食記は次記事にて。しばしお待ちを・・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック