米軍戦闘糧食MRE No18 TURKEY BREAST WITH GRAVY & POTATOES

昔「お節もいいけどカレーもね」というCMがあったが、お節料理の前にMREを食べました(^^;)
夏のブラックホールでまとめ買いした最後の1個でもあり、2007年のレーションの食べ収めとも言えるでしょうか。

内容物は以下の通り。
画像
①メインディッシュのTURKEY BREAST WITH GRAVY AND POTATOES ②クラッカー ③ピーナッツバター ④チェリージュース ⑤FRヒーター ⑥アクセサリーパック(ウェットティシュ、タバスコ、インスタントコーヒー、ガム、マッチ等) ⑦チーズのプレッツェル ⑧チョコレートバー

【チェリージュース】
画像
案の定毒々しい色(^^;)。味も少々癖があるが、後述するピーナッツバターの味のくどさを解消するには丁度よかった。(というか、あのピーナッツバターを改善して欲しいのだが)

【クラッカーとピーナッツバター】
画像
MREを何回か食べると、開封してピーナッツバターが出てくるとハズレくじを引いたような気分になる。市販のピーナッツバターのような甘味や旨味は無く、少々油っぽくってくどい(その上量がやけに多い)。
クラッカーは特に味付けも無い(ナビスコのプレミアムクラッカーを大きくしたようなもの)が、これはこれで良し。でもドイツやイギリスのレーションのビスケットや、同じMREのスナックブレットに比べると、手抜きされているような感じがしてしまう。
MREのクラッカーとスプレッドは「主食」ではなく、メインディッシュが温まるまでの「突き出し」なのだろうか。確かにそういう食べ方の方が効率的だが。

【メインディッシュのTURKEY BREAST WITH GRAVY AND POTATOES】
画像
ポテトはシャキシャキした歯ごたえがあり、ターキーの一枚肉(ほぐれないので齧りつきましょう ^^)もちゃんと鳥類の肉の食感がある。ソースの味自体はいいけど、もう少し濃い味でもいいのでは(クラッカーなしで食べることを想定して、敢えて薄い味にしているのだろうか)。
今回は特に運動等をしない後で食べてそう感じたのだから、屋外で活動した後なら味に物足りなさを感じるかもしれない。アクセサリーパックに(多分)入っている塩を入れた方がいいかも。
また、このメインディッシュを美味しく食べるには十分に温めることを勧める。なお、同梱されていたFRヒーターは加熱がいまいちで、結局湯煎した。

【チーズのプレッツェル】
画像
前回食べたNo8にも入っていた、「コロン」というお菓子を塩味+チーズ味にしたようなもの。
正直言ってこれは美味く、単体で売っていたらいいなと思った。

【チョコレートバー】
画像
パッケージにはCHOCOLATE SPORTS BARと書いてあったので、コンビニで売っている栄養補助食品みたいなものかと思った。見た目は似てるけどサクサクしたものではなく、餅のような柔らかい(というかねっとりした)食感で、コーヒー(市販のインスタントコーヒー)で流し込むように片付けた。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック