まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 足利の珈琲屋台に寄り道する(2008-03-02)

<<   作成日時 : 2008/03/04 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前記事(勝沼の「ぶどうの丘」に行った話)の続きです。

勝沼ICから中央道に乗り、大月IC、上野原ICを通り過ぎて東京方面へと向かう。
相模湖ICを過ぎるといつもならそのまま八王子料金所を抜けるのだが、今回はその手前の八王子JCTで圏央道に入る。足利の珈琲屋台「アラジン」に行くことにしたのだ。
理由は単に行きたくなったから。敢えてもう少し理由をつければ、もっと距離を走りたかったのと、上手くするとアラジンで知り合いに会えるかもしれないと思ったから。
圏央道を走るのは3回目だと思うが、明るい時間帯に走るのは初めてだ。長いトンネルを抜けて高架の区間に出ると意外なくらいの開放感を感じる。見慣れないビルや工場等の看板や山間の風景を見ながら走っていると、奇妙なくらい「いつもと違う場所にいる」という感じがしてしまう。
圏央道の終点で関越道に合流し、東松山ICで下りてR407を北上する。途中「道の駅 めぬま」で休憩し、太田市を抜けてR50を経て、17時頃に珈琲屋台「アラジン」に到着した。
いつもなら(自宅からここまで)100km程度走って着くが、今回は280km弱走ってたどり着いた。
画像
ISO3200まで感度を上げて、ストロボ無しで撮影(ペンタックスK100D+18-55mm/3.5−5.6)
画像
マスターに撮ってもらった(写っているのは私です。為念)。さすがにストロボ無しだとキツイ?この画像は後で幾らか明るく補正したもの。

知り合いには会えなかったが(ライカを持っていた方は前回来たときにお会いしたかも)、初対面のお客さんとも同席すれば話が弾むのがこのお店。そんな風にして2杯の珈琲を飲んだ後、19時頃に帰路に就いた。

いつもなら佐野ICから東北道に乗って帰るのだが、この日は一旦R407に戻って下道で帰ることにした。まだ夕食を摂っていないので、食事処に寄るなら高速より下道の方がいいと考えたのだ。
結構寒い(走り出す前に1枚着込んだ)ので、とんこつ醤油系のラーメンとご飯物が食べたくなり、太田市内のR407沿いの大きな店に入る。さして走っていないのに早々に食事休憩になった気もするが、空腹や寒さで気力が落ちたり、逆にイライラして走るのは危ないので、そうしてしまったほうが正解だろう。
画像
画像
左はとんこつ醤油ラーメン、右は石焼チャーハン。

その後は高速並みに流れの良いR17大宮バイパスをノンストップで走り、笹目通り→環八を経て22時ごろに無事帰宅。足利からの帰路では淡々としたペースでなるべく止まらず(信号に引っかからず)に走るようにしたせいか、26.8km/Lという高燃費を記録した。(普段の燃費は17〜20Km/L程度)

この日の走行距離は366km。ファンデューロの総走行距離は101728kmになった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
足利の珈琲屋台に寄り道する(2008-03-02) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる