まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ミリメシ」がブームらしいが・・・・・

<<   作成日時 : 2008/06/19 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今週末にサバゲ(インドア戦)があるが、今回は昼食を持参しなければならない。ガン・ミリタリー関係のイベントではレーションを入手できなかったし、陸自の缶メシやドイツやイギリスのレーションを味わった後では米軍のMREは食う気になれない(^^;)・・・ということで、先週末に朝霞の陸自広報館に行って仕入れてきた。
画像

左の「あつあつハンバーグ弁当」は、パック弁当の「すき焼きハンバーグ」に加水型の発熱剤がセットになったもの。右の「サバイバルパック食B」防災サバイバル1日セットの1食版。
今週末のサバゲには加熱不要で食べられる「サバイバルパック食B」を持っていくでしょう。加水型の発熱剤は火を使わないけど盛大に煙(水蒸気)を出すので、屋内で使ったら顰蹙買いそうな気が(^^;)

このサバイバル食品は人気があるようで、売店には「店頭の分が切れたら、次の入荷はしばらく先になります」旨の張り紙があった。新聞やTVでも紹介されたのもあるけど、最近では色々と書籍が出たり、UFOキャッチャーの賞品にもなったりと、やはり「ミリメシ」はブームになっているのだろうか。
でも、この「ミリメシ」ブームに何か釈然としないものを感じる。その理由は・・・・・

1.「自衛隊のミリメシ」として売られているものは、本当にミリメシ(レーション)と言えるのか?
放出品のMREはともかく、UFOキャッチャーの賞品やパック弁当は自衛隊の制式レーションである戦闘糧食T型(缶メシ)や同U型(パック飯)とは別物である。しかし演習で缶メシやパック飯が足りないときはこれらのトレーニングレーションが支給されるので「自衛官も食べてます」というコピーは嘘とは言えない(サバイバルパック食が支給されるかは不明)
これらは予備自衛官ならぬ予備戦闘糧食か?あるいはグレーゾーンのレーションか?
世間からすれば些細なことかもしれないけど「これは正式な戦闘糧食とは別物です」と表記して、誤った認識を流布させないようにすべきじゃないかな?

2.「ミリメシ」という言葉が嫌い
「ミリメシ」というのはコンバットマガジンの発行元であるワールドフォトプレス社(以下WPP)の造語であり、またWPPが盛んに取り上げるようになったことが「ミリメシ」ブームに繋がったように思う。
(それ以前から興味を持っていた人は「レーション」「戦闘糧食」と呼び、WPP以外の出版社も同様に表記している)
しかしこの「ミリメシ」という言葉、BMWを「ビーエム」と呼ぶような軽薄さが感じられて嫌いなのだが。
また「ミリメシ」という言葉を広めることでブームを起こし、同社の書籍の売上げを伸ばしたり、タイアップして一儲けしようとしているように感じる・・・・・・というのは余りにも穿った見方だろうか?

3.実売価格は妥当なのか?
都内のガンショップで「あつあつハンバーグ弁当」等の加熱剤付きパック弁当が1000〜1200円で売られていた。陸自広報館では750円で売っているのだが・・・・
加熱剤なしのパック弁当は陸自広報館は確か630円くらい(以前は500円)で売っているが、通販では700〜900円で売られているようだ。
こうした値付けを見るとショップや通販は割高に感じるが、もしかしたら陸自広報館は儲けを取らない(取ってはいけない?)ので安く売っているのだろうか?

ところでWPPは、戦闘糧食を作っている会社とタイアップして「違うのはパッケージだけ」とした戦闘糧食T型・U型の民生版を作り通販してはどうか?また海外のレーションには民生版がある物があるので、それらを輸入・販売してはどうだろうか?
「ミリメシ」ブームを仕掛けたのなら(中身が)本物のレーションも入手できるようにしてくれたら、と思う。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も「ミリメシ」という呼称が嫌いな一人です。
ブームに乗った軽薄な呼び方というイメージが強すぎて。

戦場で命を繋ぐ大切な食べ物。
やはり「レーション」あるいは「糧食」と呼ぶべきでしょう。
だいたい、「ミリタリー」なんて単語は素人っぽくていけません。
日本語と混ぜるのもいただけません。
「缶めし」みたいに日本語は日本語と組み合わせなくては(^^)
Kei
2008/06/21 02:32
命を繋ぐ大切な食べ物・・・そう考えると安易な造語を作るべきではないですね。
自衛官は戦闘糧食U型を「パック飯」と呼びますが、これは切羽詰った状況で食べる人たちから自然発生した言葉でしょうから、「ミリメシ」というブーム目当ての造語とは生まれた背景が違うから納得できますね。
まさひさ@管理人
2008/06/22 07:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ミリメシ」がブームらしいが・・・・・ まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる