ハイドレーションシステム評価ツーリング(2008-7-26)

先日購入したハイドレーションシステムだが、夏バテ気味+興味(^^;)という理由から既にバイクの街乗りや試乗会で試している。でもツーリングでの有効性を確かめてみようと言うことで、敢えて暑い八王子→甲府というルートの日帰りツーリングをしてみた。

出発準備に手間取り9時半を回ってから自宅を出発。この時点で手持ちの温度計は30℃を指していた。
東八道路→R20日野バイパスで八王子まで行くが、この先は混みそうなので大月までは中央道に乗る。ただ暑い中、下道を走って耐久テスト?するだけではつまらないので、笹子トンネルを通らずに笹子峠を走ることにした。
画像
笹子峠を走るのは10年振りくらいになるのだろうか?記憶よりも道幅が広く、コーナーも緩いように感じたが、低速のブラインドコーナー主体の峠道であることは変わりない。慎重に、且つ楽しみながらバイクを減速させ、バンクさせ、自分のペースでコーナーを走り抜けていく。木々に被われたストレートでは敢えて速度を上げず、森林浴気分で走ってみた。
画像

画像

途中、「災害復旧工事の為通行止め」があったが、行けるところまで行ってみることにした。
しかし、道は見事に崩落し、工事車両で塞がれていた。
画像
実は通行止めの看板に「自転車及び歩行者通行不可と書いてあったのだが、「自転車及び歩行者通行と勘違いして、バイクも通れるかもしれないと期待して行ってしまったのだ。
画像

ともかく来た道を引き返すしかないが、あのワインディングをもう一度走れると思えば腹も立たない。通行止め地点から先は下り坂なので、試しにエンジンを掛けずに下ってみたら・・・・・・そのまま麓まで降りてしまった(^○^)。
画像


笹子トンネルを抜けて道の駅・甲斐大和でトイレ休憩するが、これが初めての休憩だ。いつもなら談合坂SAで休憩して水分補給してきただろうが、ハイドレーションシステムで時折・少しずつ水分補給をして来た効果だろうか、特に喉の渇きや疲れは感じなかった。小腹が空いたので餅菓子を少し食べ、ハイドレーションシステムに入れてあるポカリスエットを幾らか飲む。

R20を走り続けて勝沼を過ぎ、甲府の市街地に入ると暑さが一気に増してきた。
昼を回ったのでそろそろ飯が食いたい。でもさっぱりした和食類よりも、スパイスの効いたカレーが食べたい。その方が元気が出る・・・・・と思ったら「インドネシアハウス」というレストランを見つけた。ここで本日のランチである焼きカレーとアイスコーヒーを注文する。
画像

画像
独特の調度の落ち着いた涼しい店内で、カレーの辛味とチーズのまろやかさが良くマッチした焼きカレーを食べ、いい風味のアイスコーヒーを飲んで一服したら元気が出た。

路傍に設置された温度計は31℃や32℃を示していたが、自分の温度計は40℃近くを指している↓
画像
体感温度としてはこっちの方が近いんじゃないか?何せ首元や口元に当たる風が暑いのだから。
画像
そこで首から口元をリーコンラップ(サバイバルゲームで使っている、難燃素材の筒状の布)で覆ってみた。その後は特に涼しくなったとは感じなかったが、逆に暑いとも感じなかったので、それなりに効果があったのか。

15時を回った頃、中央道で帰路に就くことに決めた。
須玉ICから乗ろうとしたが、給油しておきたかったのでR141から広域農道に入り甲府方面へ戻ることにする。この道、4輪車にペースを押さえられなければ楽しい道だと思うのだが。
東京方面の空は黒い雲に覆われている。雨が降る前に帰ってしまおう・・・・と思ったが、一宮御坂ICで中央道に乗った途端に雨が降り始めた。悪いことに釈迦堂PAに入り損ねた頃から雨足は強まり、笹子トンネル手前の坂では大きな雨粒が舞い降り、路面全体が水溜りと化した。
「笹子トンネルを抜けたら雨は止んでるかもしれない」という期待はするだけ無駄だった。「トンネル出口 アメ」の電光掲示の通り、相変わらずの土砂降りである。
ずぶ濡れになってしまったが、夏なので寒さに震える心配はないのが唯一の救いか。開き直ってそのまま走り続けると、大月辺りから雨足は弱まり、上野原付近では雨は止み、相模湖の辺りでは路面は乾いていた。ここしばらく首都圏で凄い夕立があるが東京だけは雨が降らないと聞くが、それを身をもって体験したのだろうか。

調布ICで中央道を降り、17時20分頃に無事帰宅。走行距離283km。
ハイドレーションシステムの飲料は1.8Lを消費していた(帰宅後に少し飲んだ分を含む)。
帰宅後の疲労感は気温を考えれば思いの外軽く(殆ど無いように)感じたが、ハイドレーションシステムでこまめに少しずつ水分補給をした効果だろうか。もっとも今回は走行距離・時間とも短めなので、長距離・長時間での検証が必要かもしれない。

ハイドレーションシステムの使用感については、別項でもう少し詳しく書こうと思います。

この記事へのコメント

Kat
2008年07月28日 20:02
う~ん、やはり暑い時は常に水分を補給した方が良いと言いますから、体の疲れがないというのは有効と言う事なんでしょう。ポカリでなくバームを入れればダイエットにも良いかも(^^)

しかし・・黒ずくめにネックパッドって・・・怪し過ぎです。そのままG36もって突入してもおかしくないです(^^;
2008年07月28日 20:57
>Katさん
バームはむしろゼリーを携行すればよかったと思いました。小腹が空くのです。もっとも小腹が空くというのは、水分補給が出来ていて体調がいいという証拠かもしれません。

改めて写真見ると・・・確かに怪しい(^^;)。
ヘルメットとパラグラバも黒系統し、G36よりもMP-5Jを持ち、背中に「POLICE」と書いてバイクにサイレンと赤い回転灯を着けた方が、却って怪しまれないかもしれません<本職の人達に捕まるか(^^;)
Kei
2008年07月28日 23:44
こんばんは。
真夏のツーリング、お疲れ様です。
このところ、暑さのせいでバイクに乗る時間がめっきり減ってしまいました。

ところでまさひささんはネックガードを装備されているんですね?
2008年07月29日 12:57
>Keiさん
こう暑いと、バイクに乗るだけでなく外に出る気力を出すのも一苦労です(^^;)

ネックガードですが、ラリー中の事故を踏まえてBMWとKTMが共同開発したと聞いて興味を持ちました。私が使っているのは5000円程度の安い物ですが(http://masahisa.at.webry.info/200806/article_3.html)、事故で頚椎を損傷して首から下が麻痺するリスクを少しでも減らせるなら・・・と思い、使い始めました。

この記事へのトラックバック