米軍コンプリート・ミール・キット MO19試食記

夏のブラックホールで購入したコンプリート・ミール・キットMO19を試食しました。
内容物は以下の通り。
画像
①ピーナッツバター×2 ②グレープジェリー(ジャム)×2 ③フルーツジュース ④パン(ハンバーガーバンズ)
 ⑤フルーツの缶詰 ⑥ポテトチップス ⑦マカロニのチーズ煮 ⑧バナナクッキー ⑨アクセサリーパック


アクセサリーパックの中身
画像
①ウェットティッシュ ②塩 ③コショウ ④チリソース? ⑤ストロー ⑥キャンディ ⑦スプーン ⑧ナイフ ⑨爪楊枝 ⑩紙ナプキン

【フルーツジュース】
画像
苺とキュウィーフルーツという通常考えられない組み合わせのジュースだが、味の方は不味くないというか、まあ飲める代物。この後に控える濃厚な面々(メニュー)に合わせるには適切な味かと思った。

【ポテトチップスとマカロニのチーズ煮】
画像
マカロニのチーズ煮(右)は少し温めた方が良かっただろうか?マカロニがふにゃふにゃで殆ど薄味のチーズを食べているような味と食感である。チーズに変な臭味が無いのが幸いだったが、味が単調で量がそこそこあるので食べ飽きてくる(そういう時はチリソースを入れるのか?)。
一方でポテトチップスは薄い塩味の十分美味しいと言えるもの。ふと思いついてマカロニのチーズ煮をポテトチップスと交互に食べたり、ポテトチップスにチーズをつけて食べてみたら、上々の組み合わせでした。

【パンとピーナッツバター、グレープジェリー】
画像
ナイフでパンを半分に切ってピーナッツバターを塗ってサンドイッチにしろということなのだろうが、2パックは多すぎると思うので1パックのみ使用した。市販のピーナッツバターなのか、MREについている油っぽくってパサついた感じの代物ではなく、ちゃんとほのかな甘味のあるピーナッツバターだった。
しかし、これも味が単調で飽きてくる。そこでグレープジェリーを加えてみた。
画像
グレープの風味は相性がいいようだ。グレープジェリーは2パック使っても良かったかもしれない。

ここまで食べたら満腹になってしまいましたので、デザート類は別の日に単品で食べました。

【フルーツ缶】
画像
市販のフルーツ缶なのでコメントに困るくらい(^^;)普通の味と言うか、安心して食べられるものです。

【バナナクッキー】
画像
口にしたとき「湿気っているのか?」と思ったらそうではなく、単に少し硬めなだけだった。
甘味とバターの風味が強めでバナナ味だから、美味いと言えば美味いが個性的な味である。

【おまけ】
画像
トレーはポストカードになっている。
湾岸戦争のとき、故郷への葉書にMREのメインディッシュの箱を使ったというから、そうした要望を反映したのかな?

この記事へのコメント

Kat
2008年08月16日 21:11
アメリカの国内線の機内食を思い出しました。
2008年08月17日 08:50
>Katさん
実は機内食と同じ物が軍に納入されているのかも(^^)
通りすがり
2017年07月28日 21:43
日本でもよく見かけるプリングスがあるんですね!
2017年07月29日 15:19
>通りすがりさん
プリングスは元々アメリカ発祥でしたっけ?
スーパーやコンビニで売っていそうなもの(=日常の味)をパッケージにしたようにも思えますね(^^)

この記事へのトラックバック