BMW 道の駅スタンプラリー その4「よつくら港」(2010-8-13)

夏休み2回目のツーリングは常磐道→磐越道→東北道というルートで、スタンプラリーで指定された2つの道の駅に行こうというもの。思い返してみると、これは去年の夏休みの日帰りツーリングと同じルートだ(^^;)

雨の為実施を1日延期し、8/13の8時近くに自宅を出発した。
環八、東京外環を経て常磐道に乗るが、その途端に睡魔に襲われた。冗談でも誇張でもなく危険を感じたので、早々に守谷SAで休憩する。
私は遅い車の後ろについて走っていると眠くなるのだが、そのせいだろうか?

まだUターンラッシュの前で、ETC休日割引の効かない平日であるにも関わらず、交通量は多い。幸い渋滞には遭わなかったが流れが遅い。何処も同じだが、後ろを気にかけずに延々と追い越し車線に居座る輩のせいだ。
とは言え一旦走り出してしまうと停まるのが億劫になるのも事実なのでハイドレーションシステムで水分補給をしつつ淡々と走り続ける。ノンストップで茨城県を抜けて福島県に入り、いわき四倉ICで高速を下りた。
後はあちこちに立っている案内標識に従って走り、昼前に第1の目的地「道の駅 よつくら港」に着いた。
画像
中は漁業の町の市場のような感じで活気がある。少々早いがここで昼食を摂ることにした。
画像
ここの名物はホッキ貝だそうで、殻剥き体験もできるそうだ。もちろん食堂のメニューにも(たしか)あったが、私はそんなにホッキ貝が好きじゃないので、「本日のお勧め」を注文。
画像

画像
昼食を終えて十分涼んだら、広い中庭に出てみる。
すぐ隣が漁港なので、ちょっと歩いて海や港の写真でも撮ってくればいいのだろうが、34.6℃という暑さに撮影意欲が融解した。
画像
道の駅の向かいは、漁村ならではの機械を扱うお店だった。

バイクにも給油し、しばらくR6を走っていわき三和ICから磐越道に乗る。この道は交通量が少なく、追い越し車線にいる車もこちらの存在を確認すると走行車線に戻ってくれるので、スムーズに走ることができた。元々適度に坂やカーブがある気分の良い道だが、調子に乗って飛ばしているとルーフから回転灯を出したクラウンに停められる可能性もある(最近はスカイラインも同じ事をするとか)。
後方や追い抜く車に注意を払いつつも、快調に東北道へ向けて進んでいった。

(BMW 道の駅スタンプラリー その5 に続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック