陸自 戦闘糧食Ⅱ型 改善型「野菜麻婆」試食記(2011-7-24)

先日のサバゲの昼食に陸自の戦闘糧食Ⅱ型 改善型を食べたので、その試食記です。
画像
今回のメニューは野菜麻婆。

画像
左から副食パック(野菜麻婆)、主食パック×2(白米とドライカレー)。主食パックは市販品や他のメニューに比べ、若干縦が短く横が広い。複数のメーカーが納品しているからだろう。

画像
今回はパッケージから出して、民生品の加水式加熱剤セットで加熱した。この方法が一番いいようだ。実は昼休みが予想より1時間遅かったのだが、加熱剤が「保温」してくれて、温かい飯にありつけた。

【白米】
画像
何度か食べているので、味は保証つき・・・・但し、十分かつ万遍なく加熱され、まだ冷めていないという条件つきだが。
今回はその条件を満たせたので、美味しく頂けました。

【野菜麻婆】
画像
一見して麻婆茄子かと思ったが、タケノコとシイタケが入っていた。実は私、タケノコとシイタケが大嫌いなのだが、陸自の戦闘糧食(特に缶メシ)には何故かよく使われる食材のようだ。幸いにも煮崩れて元の食感や風味が大分消えていたので、無事に食べることができたが・・・・・。
尚、味自体は良かったので、他の野菜を入れるか本当の麻婆茄子にしてくれると嬉しい。<部外者の個人的意見なので、まず反映されないだろうが・・・・・・・

【ドライカレー】
画像
炊き込みご飯やピラフ類は、単体でも食べられるし、副食パックのように汁の始末に気を使わずに済むのでレーション向けだと思うのだが・・・・Ⅱ型 改良型では余り採用されていない。
薄味なのは悪くないけど、辛さが舌に残る感じなのが気になった。

総じて言えば結構美味いレーションだった。

このレーションは福島の会社で作られているものだった。
3月の震災で、災害派遣された自衛官の中にはこれを食べた人もいたのかな?
そもそも、このレーションを作っている会社は無事なのかな?大変な状況だろうけど、またこのレーションを生産できるようになって欲しい。
・・・・・そんなこと思った。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック