陸自 戦闘糧食Ⅱ型 改善型「中華カルビ」試食記(2012-2-26)

先日のサバイバルゲームの昼食にした、戦闘糧食の試食記です。

今回のメニューは「中華風カルビ」。
内容物は白米と赤飯、レトルトパックの中華風カルビとウィンナーソーセージ。
画像


民生品の加水型加熱剤で温める。加熱パックが十分に大きいのだから、米のパックは横置きにすれば良かった。
(縦置きにすると、上の方が十分に温まらない)
画像


【白米と中華風カルビ】
画像
白米はいいとして、中華風カルビの肉はどこだ?肉の少なさは他のメニューでは改善されているのだが・・・・・
「これが中華というものさ」という詭弁は受け付けない。これでは「中華カルビ」ではなく「中華カルビ」ではないか?

【赤飯】
画像
薄味だが、これはこれで可。但し小豆が少ないのが物足りなく感じた・・・・と言うよりも、食べている最中は小豆が入ってないかと思った。
率直に言えば、戦闘糧食Ⅰ型や旧Ⅱ型の赤飯の方が美味しかった。但し缶メシ(Ⅰ型)の赤飯が(温かければ)美味いので、これと比べるのは少々酷か?

【ウィンナーソーセージ】
画像
見た目は市販のソーセージそっくりだが、口にすると中身が少々フニャっとしているのが残念。とは言え、カンパン食の缶詰ソーセージよりは歯応えがあるが。
温まっていれば・・・というのが条件だが、煮汁は結構美味く、代用スープとして頂けるものだった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック