40mmのパンケーキレンズ

先日コンタックスG1を手放したのをきっかけに、自分が必要とする機材はなんだろう?と考えてみた。
最低限、というよりも基本になるのは、次の2つだろう。

(1)実用的な撮影の為の、28-105mm相当のズームレンズを付けたデジタル一眼レフ。
ツーリング先の風景を撮影して、Blogに載せる・・・と言った用途には最適かと思う。

(2)きままに撮影を楽しむ為の、40mmか45mmのパンケーキレンズを付けた銀塩MF一眼レフ
こちらは丁度、G1の役割を受け継ぐ使い方だ。

単焦点レンズならば、40~45mmが一番好きだ。
自分の目で見た風景を、そのまま切り取って写真にできる画角だと思うのだ。
(肉眼に近い画角なのは50mmだと言うが、人間の目は2つあるので、それよりも少し広い角度を見ているのではないかな?)
また40~45mmは薄く作り易いのか、パンケーキレンズが多いのも嬉しい。携行性が良いだけでなく、そのスタイルも好きだ。

ということで、ペンタックスLXに組み合わせるための、SMC PENTAX-M 40mm/f2.8を買った。
画像

このレンズを、2軒回って、2万円弱で買えたのは幸運だった。
と言うのも、数年ぶりに中古カメラ店に行ったら、中古でもデジタル一眼レフに押されて、銀塩のボディやレンズが品薄になっていたのだ。このレンズも以前は1つの店に2~3個はあったのに、今回は1個だけしか見つけられなかったのだ。(唯一の品を見つけたと言うべきか?)

この週末はフィルムを装填して、のんびりとテスト撮影してみようか・・・・

<余談>
私の仲間内では、モノを買う事を「精進する」、人にモノを買うように陥れ・・・否、勧める事を「啓蒙する」と言うらしい。(^^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Kat
2014年01月25日 14:27
「導く」という言葉もありますが・・(^^)
2014年01月25日 18:23
>Katさん
実際には「背中を押す」という言葉が当てはまるケースが多いように思います。(^^;)

この記事へのトラックバック