ゴアテックス・インナーの修理 その3(2020-3-14)

久しぶりにライディングジャケット(BMWサバンナ2)を洗濯したら、ゴアテックス・インナーのシームテープが何ヶ所か剝がれていた。剝がれ方には以下の3パターンがある。
①元々のシームテープが少し(2~3㎝程)剝がれている
②   〃     が大きく(10~15cm程度)剝がれている
③新しく貼ったリペアシートが少し剝がれている
なお、新しく貼ったリペアシートが大きく剝がれたところは無かった。

改めて過去記事を見直したら、前回シームテープを修理したのは約4年前のことだった。その間に何度も着用したり洗濯したのだから、むしろ良く保ったというのが正直な感想である。

今回は少し剝がれた箇所(①と③)は接着剤で着け直し、大きく剝がれた箇所(②)はリペアシートを貼り直した。どちらもアイロンで熱して接着するものである。感覚としてはリペアシートの方が頑丈になるが、接着剤もファスナー部の修理に使えたから強度は充分だろう。

【接着剤】
コニシ ボンド 裁ほう上手 45g #05371

【リペアシート】
PC040951.JPG
モンベルのゴアテックス・パーマネントリペアシート

P3140088 (2).JPG
①の少し剝がれた箇所はこんな感じ。

P3140092.JPG
②の大きく剝がれた箇所は袖の付け根に目立った。
縫い目が曲線なので、短めに切ったリペアシートを継ぎ足すように貼った方がよかった。


しかしこのジャケットも長いこと(14年くらい)使っている。
これでまた数年は安心して着られるかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kat
2020年03月15日 11:05
ウチにもゴアのジャケットありますけど、内側のシールがダメになってくるんですよね。
まさひさ@管理人
2020年03月15日 20:11
>katさん
他にもゴアテックスのジャケットがありますが、今のところシールがダメになったのはこのサバンナ2ジャケットだけですね(気付いていないだけかもしれませんが)。

余談ですが、ゴアのインナーソックスやグローブは浸水してから防水性の低下に気づきました(^_^;)