2001年 夏の北海道ツーリング(その4)

(その3)から続く 【2001-8-16】 クッチャロ湖畔キャンプ場を出ると、R275で内陸へ入った。 中頓別にある寿公園にはF-104戦闘機と蒸気機関車が展示されていた。 その後は北海道の真ん中を縦断するように、R40で旭川まで南下した。 そろそろエンジンオイルの交換時期が近付いてきたので、旭川の市街地へ…
コメント:0

続きを読むread more

2001年 夏の北海道ツーリング(その3)最北端到達

(その1)、(その2)から続く。 【2001-8-15】 小平町を出発すると、R232(オロロンライン)をひたすら北上する。天塩からは道道106に移って日本海沿いを更に北上していく。 そうしてノシャップ岬に辿り着いた。 更に海を左に見ながらR238を北東へ走って行き、宗谷岬に到着した。 ここに来るのは3回目だが…
コメント:0

続きを読むread more

2001年 夏の北海道ツーリング(その2)三笠鉄道記念館

(その1)に書いた「道に迷ったついでに寄り道」の話である。 道央自動車道を三笠ICで降りた後は、西へ向かってからR12に乗るつもりだった。しかし間違えて東へ向かってしまい、偶然にも辿り着いたのが三笠鉄道記念館だった。 この小さな蒸気機関車は動いていた。 残念ながら館内をじっくり見学する時間はなかった…
コメント:0

続きを読むread more

2001年 夏の北海道ツーリング(その1)

5月25日にコロナウィルスに関する緊急事態宣言が解除されたが、県をまたぐ移動の緩和は6月19日まで待たなければならない。 まだまだツーリングできない日々が続くので、昔のツーリングを振り返ってみたい。今回は自分にとっては7回目、今乗っているF650ファンデューロでは2回目となる北海道ツーリング(2001年)のレポートです。 【20…
コメント:0

続きを読むread more

2000年の北海道ツーリング(その3)

【2000-8-13】 振内鉄道記念館を出てR237を苫小牧方面へ走ると、まず前日に見かけた不思議な場所を訪ねた。 そこは個人宅の敷地らしいが、ポツンと蒸気機関車が置いてあるのだ。 20年後にフィルムをスキャンしたら、ロシア語らしきプレートが付いているのを見つけた。 どういう経緯を経た機関車なのだろう? 山中を出てR2…
コメント:0

続きを読むread more

2000年の北海道ツーリング(その2)

【2000-8-12】 快晴の下、洞爺湖のキャンプ場から撤収すると、R230で内陸部を東に向かった。 R274へと乗り継ぎ、石狩線と並行して夕張の山中を走っていると、シェルターらしきものをいくつも見かけた。 後日、鉄道のポイントを雪から守るためのシェルターだと教えてもらった。 もう少し東へ進んだ後、占冠村の南で右折し…
コメント:0

続きを読むread more

2000年の北海道ツーリング(その1)

2000年の夏も北海道に行った。自分にとっては6回目、今乗っているF650ファンデューロ(2台目、95年型)では初めての北海道ツーリングである。 【2000-8-10】 F650ファンデューロにバッグを括り付け、早朝に出発する。 東北自動車道に乗ると150~200km毎に給油と休憩を繰り返し、青森までの約700kmを走り切る。…
コメント:0

続きを読むread more

1998年 夏の北海道ツーリング(後編)

【1998-8-14】 前日は体調を崩してしまったが、ホテルでゆっくり休んだお陰で回復した。朝のうちまで降っていた雨も、ホテルをチェックアウトするころには止んだ。 平取町を出てR237の山間部を抜けると海沿いを南東に向けて走り、日高ケンタッキーファームで昼食をとった。 快晴のR235を折り返して北西に向かっていると、門別の…
コメント:0

続きを読むread more

1998年 夏の北海道ツーリング(前編)

1996年、1997年に続いて、1998年の夏も北海道に行った。自分にとっては5回目、F650ファンデューロ(1台目の97年型)では2回目の北海道ツーリングである。この頃は北海道ツーリングが自分にとっての恒例行事になっており、現地に1~2泊しかできなくても行かないと後悔するという思いがあったのだ。 前年は振分けバッグ等に荷物を分散…
コメント:0

続きを読むread more

1995年7月23日の横田基地友好祭(アルバトロスとDC-8?等)

1995年にはU-2の他にも珍しい航空機があった。 このアルバトロス飛行艇は、民間機として飛んでいる機体だったと思う。 これはDC-8か?707か? KC-135の機上から見えたF-16とC-130。こういうアングルから見る機会は初めてだった。 (画像が黄色っぽいのはフィルムが変色したため)
コメント:0

続きを読むread more

1995年7月23日の横田基地友好祭(U-2編)

この年の一番の目玉はU-2偵察機だった。 機密の多い機体らしく、展示エリアから離れた場所に駐機され、ライフルを持った警備兵が常に近くにいた。 2009年に展示されたF-22よりも警備が厳重だったように思える。 グライダーのような外見に反して、エンジン音は意外に大きくて野太かった。 螺旋状にどんどん上昇して行き…
コメント:0

続きを読むread more

1995年7月23日の横田基地友好祭(退役した航空機編)

部屋から発掘した古いネガフィルムの中に、25年前の横田基地友好祭の写真があった。 その中から、今では飛んでいるのが見られない機種と、もうすぐ退役する1機種を選んでみた。 AV-8BハリアーⅡ EA-6Bプラウラー C-9ナイチンゲール C-141スターリフター 三菱T-2 …
コメント:0

続きを読むread more

吉祥寺の近況(2020-5-11)

所用のため、1ヶ月ぶりに吉祥寺に行った。なお行ったのは駅の北側だけで、丸井や井の頭公園がある南側には行っていない。 前回行った時もそうだったが、コロナウィルス騒動のために多くの店が休業している。人出は正月休みの時期よりも少なく、感覚としては通常の3割程度だった。 もしかして・・・と思ってドラッグストアを見てみたが、ど…
コメント:0

続きを読むread more

1997年の北海道ツーリング(その2)

(その1)から続く 【1997-8-11】 F650ファンデューロの走行距離が約3000kmになり、エンジンオイル交換の時期を迎えた。そこでこの日は札幌にある正規ディーラーに行くため、早々に道央自動車道に乗って移動した。 オイル交換を終えて午後から雨の中を走り出し、その日の夜はライダーハウスに泊ったのは憶えているのだが、どこを…
コメント:0

続きを読むread more

1997年の北海道ツーリング(その1)

1997年は6月にF650ファンデューロを購入し、8月に北海道ツーリングに行った。 写真をデジタル化した機会に、またコロナウィルス騒動で遠出できない憂さ晴らしとして、自分にとっては4回目の北海道ツーリングを振り返ってみたい。 1台目のF650ファンデューロ(97年型)。 オプションの大型スクリーンとナックルガード以外はノーマル…
コメント:0

続きを読むread more

1996年 夏の北海道ツーリング(その3)

(その2)から続く 【1996-8-17】 3日ぶりに晴れた。 前夜泊ったキャンプ場にレンタルカヌーがあったので、出発前に乗ってみた。野田知佑の本の影響で一度は乗りたいと思っていたのだ。 しかしカナディアンカヌーをシングルパドルで漕ぐのは難しく、まっすぐ進むのもままならないので、早々に撤退した。 バイクに乗り換…
コメント:0

続きを読むread more

1996年 夏の北海道ツーリング(その2)

(その1)から続く 【1998-8-15】 留萌の近くにある望洋台キャンプ場から撤収すると、宗谷岬を目指して日本海沿いに北上を始めた。元々天気はぐずつき気味だったが、羽幌の辺りから本降りになったと記憶している。 天塩の北で宗谷岬に向かうルートは2つに分かれる。 海沿いを行く道道106号(オロロンライン)は2年前に走ったの…
コメント:2

続きを読むread more

1996年 夏の北海道ツーリング(その1)

昔、モトトレインと言ってバイクと一緒に北海道まで行ける夜行列車があった。私も1996年に一度だけ利用したことがある。 当時の写真をデジタル化したことだし、コロナウィルス騒動で遠出もできないので、この旅(自分にとって3回目の北海道ツーリング)を振り返ってみたい。 【1996-8-12】 夜に上野駅に行き、モトトレインへの積み込み…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウィルス騒動下の近況報告(2020-5-4)

コロナウィルス対策のための緊急事態宣言が、5月31日まで延長された。 そのタイミングに合わせた訳ではないが、ウチの近所(練馬区、西東京市、武蔵野市、東久留米市)で感じた個人的な所見を報告してみたい。 お店(コンビニ、スーパー、ドラックストア等)に行くと、相変わらずマスク、除菌用アルコール、除菌シートは入荷していない。マスクは殆ど…
コメント:0

続きを読むread more

2000年7月 ヨーロッパツーリング(こぼれ話と帰国編)

ミュンヘン市内散策から一夜明け、楽しかった旅行も最終日を迎えた。 前記時では当地(当時)のバイク事情について書いたので、ここで今までに書きそびれたこぼれ話を書いておこう。 ・当時の通貨はユーロではなくマルクだった。 ・空港の手荷物検査で携帯電話(ガラケー)を見せたら「すごく小さいけど本物?」と言われた。 ・ミュンヘン警察はH…
コメント:2

続きを読むread more

2000年7月 ヨーロッパツーリング(現地のバイクたち)

ツーリング後の市内観光も終えたので、この旅で見かけたバイクの話をします。 ヨーロッパを走っているバイクの主流は、写真のような日本製スポーツツアラーだろうと思っていた。しかし20年前のドイツ南部とオーストリア北西部では意外と見かけなかった。 実際に多かったのはBMWのGS系で、すれ違ったバイクの半分くらいはR1100GSかR1…
コメント:0

続きを読むread more

2000年7月 ヨーロッパツーリング(ミュンヘン市内散策)

【2000-7-6 PM】 BMWミュージアムの見学と昼食の後は自由行動になり、カメラを持ってミュンヘン市内中心部を散策した。 この時点で予備のフィルムが残り少なくなっていた(日本から36枚撮りフィルムを10本以上持ってきたのだが・・・) 横丁のミックスジュース屋さんで「この近くにphoto shopはあり…
コメント:0

続きを読むread more

2000年7月 ヨーロッパツーリング(BMWミュージアム見学)

【2000-7-6 AM】 4日間のツーリングを終えた翌日、地下鉄に乗ってBMWミュージアムに行った。 以下の写真は20年前のものなので、今では展示内容が変わっているかもしれない。 BMWはもともと航空機エンジンのメーカー パリ・ダカールラリーで優勝した、ガストン・ライエのR100GS グループ5仕様の320 …
コメント:0

続きを読むread more