テーマ:カメラ、写真

1998年 夏の北海道ツーリング(前編)

1996年、1997年に続いて、1998年の夏も北海道に行った。自分にとっては5回目、F650ファンデューロ(1台目の97年型)では2回目の北海道ツーリングである。この頃は北海道ツーリングが自分にとっての恒例行事になっており、現地に1~2泊しかできなくても行かないと後悔するという思いがあったのだ。 前年は振分けバッグ等に荷物を分散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年7月 ヨーロッパツーリング(ミュンヘン市内散策)

【2000-7-6 PM】 BMWミュージアムの見学と昼食の後は自由行動になり、カメラを持ってミュンヘン市内中心部を散策した。 この時点で予備のフィルムが残り少なくなっていた(日本から36枚撮りフィルムを10本以上持ってきたのだが・・・) 横丁のミックスジュース屋さんで「この近くにphoto shopはあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年7月 ヨーロッパツーリング(ツーリング4日目)

【2000-7-5】 前日(ツーリング3日目)の雨は止んだが少々寒く、ジャケットの下にフリースを着込んで出発した。 宿から少し走ると細く曲がりくねった道を上って、Grossglocknerの氷河を見下ろす展望台に出た。 今考えてみると、7月にこんな大きな氷の塊があるような場所だから、寒くても当然である。 バイクで走る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年7月 ヨーロッパツーリング(ツーリング2日目)

【2000-7-3】 ツーリング1日目では(いつの間にか)アウトバーンに乗り、(いつの間にか)ドイツとオーストリアの国境を越えた。 この日からはオーストリア北西部を一般道(制限速度100km/h)で巡っていく。 午前中の休憩をしたカフェのそばで。 湖畔だと思っていたが、改めて地図を見直すと川沿いだったかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年7月 ヨーロッパツーリング(ツーリング1日目)

【2000-7-2】 渡欧から一夜明けると、時差ボケなのか飲み過ぎなのか、少々体調を崩してしまった。 ともあれメルセデスのバンのタクシーで現地のツアー会社・Münchner Freiheitに向かい、レンタルバイクを受け取る。用意されたBMWの各車種の中から、私はR1150GSを選んだ。 インストラクターのMさんがバイクで先導…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年7月 ヨーロッパツーリング(渡欧編)

新型コロナウィルスのせいで海外旅行もツーリングもできない事態となり、4/25~5/6まではステイホーム週間になってしまった。 こんな機会だからこそ、昔の記憶と写真を掘り返して、20年前に行った初めての海外ツーリングを振り返ってみたい。 【2000-7-1】 ツーリングを主催するディーラーのIさん、旅行会社のTさん、私を含めた9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1997年頃の横田基地とその近辺(その3)~R16沿いのドライブイン

いつまであったか憶えていないのだが、横田基地の西側(R16沿い)に大きなドライブインがあった。その屋上は開放されており、横田基地の滑走路や駐機場を見下ろすことができた。 以下の2枚は70-200mmのズームレンズで撮影して、PC取込後にトリミングした。 この2枚は400mmレンズで撮影し、ノートリミング。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1997年頃の横田基地とその近辺(その2)~飛行機を撮る

横田基地に行く理由は、バイクでひとっ走りすることと、飛行機の写真を撮ることだった。 しかし基地の外からの撮影では、金網の映り込みにいつも悩まされた。以下はいずれも70-200mの望遠ズームレンズで撮影したもの。 何も映り込んでいない写真は、この1枚しかなかった。 基地の南側はアプローチコースの下になるけど、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1997年頃の横田基地とその近辺(その1)

コロナウィスル騒動で外出自粛しているので、この機会に昔フィルムカメラで撮った写真をパソコンに取り込むことにした。 今回取り込んだのは、たしか23年前(1997年1月)に撮った横田基地とその周辺の写真である。 土日祝は撮影や見物に訪れる人がたくさんいた。 基地の南端にある滑走路灯。今では違う形になっていると思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉祥寺にて(2017-6-3)

影の中の光の文字 庇の上にある看板(文字の切り抜き)に反射した光だろうか? なぜか吉祥寺駅周辺のあちこちに、警察の機動隊員がいた。 聞いてみたら、午後からデモあるからだそうだ。 機動隊員の装備は、昔のイメージとはずいぶん違う。 ボディアーマー?はシンプルだけど、腕や膝・脛のプロテクターとヘルメットはプラスチック製の凝ったデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続き>スマホ(auのTORQUE)に換えた(2015年8月~)その2

(その1)では「デカイ」としか書かなかったので、今回は使ってみた感想を書いてみよう。 ただし私にとって初めてのスマートフォンということで、スマホの感想とTORQUEの感想が混同してしまうがご容赦を。 ガラケーからスマホに切り替える際に懸念していたのが、バッテリーの消耗なのだが・・・・・やはり大きく、これが唯一困った点。ガラケー(…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やっとシルバーウィークのお出かけ(2015-9-21)

好天の5連休だと言うのに、やたら眠くて寝てばかり・・・・実はシルバーウィーク前(特に雨続きで涼しかった1週間)から体調が良くなくて、妙に疲れるのだ。 9/21にはいくらか調子が良くなったが、首が少々痛い。(寝違えたか?) そこで早めに夕食を済ませ、ポロで足利の珈琲屋台「アラジン」へ行くことにした。 日中は暑かったが、夜にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤瀬川源平「ライカ同盟」

追悼という訳ではではなく、本を切らしていたのでたまたま古本屋で買った。 内容は楽しく読めるカメラ小説が3編、ちょっと切なさもある天体観測小説が3編で、個人的にはどれも満足できる作品だった。 ところで、カメラ小説を読んでいたら、現代の「若者の○○離れ」に通じるものを感じた。 カメラ小説は1993~4年頃に書かれたカメラ好きの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤瀬川源平先生のご冥福をお祈りします。

「超芸術トマソン」の命名者である赤瀬川源平さんが、10月26日に亡くなったそうです。(享年77歳) 「細く長く、90歳くらいまでは私たちに新しい考え方を見せ続けてくれるものだと思っていましたが、もう聞けなくなるのだと思うと非常に残念です。」(藤森照信さん) 私もそんなふうに思っていたのですが・・・・・ご冥福をお祈りします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40mmのパンケーキレンズ

先日コンタックスG1を手放したのをきっかけに、自分が必要とする機材はなんだろう?と考えてみた。 最低限、というよりも基本になるのは、次の2つだろう。 (1)実用的な撮影の為の、28-105mm相当のズームレンズを付けたデジタル一眼レフ。 ツーリング先の風景を撮影して、Blogに載せる・・・と言った用途には最適かと思う。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さよなら、コンタックスG1

ここ2~3年は、カメラや写真が趣味とは言えない状態が続いている。 3年くらい前に買ったポジフィルムが未だに冷蔵庫にあり、去年はデジタル一眼レフでさえ1度も使わなかった。(Blogに掲載した写真はコンパクトデジカメで撮影) そんな折に、カメラ好きのバイク仲間から「コンタックスG1を引き取りたい」という連絡をもらった。 気に入って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋の雌伏?(2012-9-16)

9月も半ばだと言うのに、相変わらず真夏日が続き、時にはゲリラ豪雨に見舞われる。 未だ「残暑」にもならず、夏本番が続いているかのようだ。 でも、そんな懸念とは裏腹に、季節は移り変わる準備を進めているのかもしれない。 9/16のまだまだ暑い午後2時に、車のアンテナにトンボがとまっていた。 思えば深夜から早朝の涼しさに、夏が終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

航空科学博物館から見た着陸機(2011-8-21)

航空科学博物館の写真をこちらのフォトアルバムにupしました→http://masahisa.at.webry.info/album/Nrita_AM 上空通過機(成田への着陸機)の写真はどれもトリミングしたので、こちらにupします。 ユナイテッドのボーイング777。いつからこの塗装に変わったのだろう。それともアライアンスの塗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海ほたるから見る夕陽と旅客機(2010-11-07)

道の駅 南房パラダイスと海自・館山基地を回った後は、金谷港(フェリー乗り場)の近くで昼食をとり、東京湾アクアラインに乗った。数ヶ月ぶりに見る海ほたるPAは、巨大な要塞のように見えた。 珈琲を買って喫煙室で一服していると、陽が沈み始め、海面に光の帯を作っている。 そんな海の上をプレジャーボートが行き交い、その上空を羽田に下りる旅客…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中央道~上信越道~関越道~北関東道~東北道 高速ひた走り その3(2010-5-2)

(その2)で書いた「また寄り道した場所」は、珈琲屋台「アラジン」のある足利。 北関東道を下りて渡良瀬川の川べりに着いたのは17:30頃。夕食を食べるにはまだ早いし、少々眠気も感じたので河原で一休みすることにした。 河原に横になって一眠りしようとしたけど、意外に眠れないものだ。 日が暮れて暗くなったように見えるが、実際はもっと明るい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんでもない物を見つけてしまった?

年末から暇を見ては部屋の片付けをしている。年末に部屋の掃除に手を付けたらとても1日や2日・・・どころか数日で終わらないことが解った(ついでに心も折れた^^;)ので、休日ごとに少しずつ片付けをしているのだ。 無駄な物、溜め込んでしまった物を思い切って捨てることで、部屋の中は段々とスッキリしてきた・・・・と思う。 今日は机の横にある…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

F-86Fブルーインパルスの写真発掘(&当時の入間基地の展示機)

古いネガ(フィルム)やプリントを整理していたら、F-86Fを使用していた頃のブルーインパルスのネガを見つけた。 1981年2月8日に入間基地で行われた、ハチロク・ブルーのラストフライトの写真である。 ネガに傷がカビがついてしまったのか、スキャナに埃が付いていたのか、見難い写真ですがご容赦を・・・・ 当時は小学6年生で、家の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

所沢航空公園見学(?)記(2009-11-22)

折角の3連休だが、天気は悪いしアシも無い。 (ファンデューロはシリンダーヘッドの部品待ちで入院中) そんな時、バイク仲間の餅憑@叫喚(正式)さん(以下叫喚とする)から「車の整備で近くに来たよ~」とのメールを貰った。「じゃあ遊んでおくれ~」ということでピックアップしてもらい、所沢の航空記念公園に行くことにした。 YS-11が展示…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バイク日和に足利の珈琲屋台へ(2009-9-21)

シルバーウィーク(←なんちゅうネーミング)と言われる9月後半の連休だが、結局遠出はしなかった・・・・・というより遠出する気力が沸かなかった。8月の後半以降、不規則に暑くなったり涼しくなったり、朝晩と日中の気温差が大きくなったりしたせいか、軽い夏風邪をひいたのかでずっと体調が良くなかったのだ。それで疲れも余計に溜まっていたのか、連休の最初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来機の帰投@2009横田基地友好祭

この日(8/23)は曇りがちで僅かだが雨も降ったが、他所の基地から来た航空機が帰り始める頃には雨は止み、時折青空が見えることもあった。 外来機はどれも離陸後に右旋回し、翼を降ったりしながら滑走路上をフライパスして帰路についた。その中で気に入ったものを取り上げよう。 【空自 F-2B支援戦闘機】 これは先の記事に書いているので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F-22ラプター@2009横田基地友好祭

8/23(日)の午後、友人の誘いを受けて十数年ぶりに米空軍・横田基地の友好祭に行ってきた。 今回の目玉は、やはり8/21(金)に突如(?)現れて本州初の展示となるF-22ラプターだろう。 しかし、アメリカでの生産中止が確定し、日本への導入が絶望的になってから展示されるとは皮肉と言うか何と言うか・・・・・。とは言え、私が初めて行っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

渡良瀬橋から見る夕日と、足利食事処さがし(2009-03-21 その2)

(その1)で書いたルートを経て渡良瀬橋の南岸にたどり着いたのだが、それがちょうど夕暮れ時。ならば「またか」と言われても『渡良瀬橋から見る夕日』を撮らずに行く訳にはいくまい(^^;)。でもまだ日が高い・・・・ということで渡良瀬橋からの夕景を見つつ、MP3プレーヤーで森高千里の「渡良瀬橋」を聴く。この日はキラキラ光る川面を小さな水鳥が2~3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北関東道で足利へ(2009-03-21 その1)

3/20(祝)~3/22(日)は3連休だが、天気が良いのは3/21(土)だけ。ならばバイクで出かけない訳には行かない・・・・と思ったものの寝坊したり何だかんだで、出かける目処がついたのは午後になってしまった。 となると、出かける先として都合がいいのは足利の珈琲屋台「アラジン」である。毎度のパターンだが、今回はアラジンのマスターに以前勧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「床屋の角にポツンとある公衆電話」を捜して(2009-2-14)

陸自広報センターのスプリングフェスタを見終えたのは14時くらいだろうか。 ここのところ時々バイクに乗っているけど、市街地走行ばかりなのでちょっと遠出して気分転換したいと思っていた。そこで足利まで行くことにした。「またか」と思われるかもしれないが、適度な距離(片道100km)と目的地(珈琲屋台「アラジン」)があり、道中も流れが良く気分よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹芝桟橋にて~ブラックホールに吸い込まれる前に?(2009-01-10)

前記事の通り、1/10(土)のブラックホールは午後からの開催だった。遅く起きてゆっくり行っても良かったが、この日は割と早く起きれて時間に余裕が出来た。それならば竹芝桟橋で写真でも撮ろうと思い、デジタル一眼レフをザックに入れて午前中から現地(浜松町)入りした。 (撮影機材:ペンタックスK100DS+DA18-55mm/f3.5-5.6。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more