テーマ:東北地方太平洋沖地震

猛暑と電力供給

今年の夏は異常なくらいの猛暑だ。 テレビ等で熱中症防止の為に、水分補給と冷房を使うように呼び掛けるくらいなのだから。 そんなある日、母が言った。 「こんな暑い夏に、計画停電が無くて良かった」と。 そういえば、ウチのあたりで計画停電があったのは2011年の1回だけだった。 「本当は電力は余っている。電力不足は原発推進派の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011 BMW道の駅スタンプラリー(2)「道の駅 つちゆ」(2011-9-18)

漠然と北の方へ行こうと思ったのでスタンプラリーの2つ目の目的地は福島県の「道の駅 つちゆ」に決めた。 このスタンプラリーはBMW Motorrad首都圏・北関東ディーラーネットワークのイベントなのに、なぜ福島県や山形県の道の駅がポイントになっている?それに加えて今年は本州の東西南北端の道の駅がSpecial Stageとされている・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デュポンのタイベック防護服

もうすぐ東日本大震災の発生から3ヶ月が経つ。 東京では一応平穏な生活を送っているものの、震災のことを忘れる事は無い。というよりも、関心が被害等から、原発から漏れた放射性物質の影響に移った、というのが正確だろう。 文字通り我が身に降りかかって来るのだから。 サバゲ仲間ともよくこの話題になるのだが、「○○がホットスポットだ」「雨に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

内田幹樹「拒絶空港」

この人(元ANAの機長)の著書を全部読んではいないけど、エッセイも小説もハズレが無いように思う。 残念なことに病死され、本書が遺作となってしまった・・・・ 文庫版の帯には 放射能汚染×タイヤ破裂 空を彷徨うジャンボ機を救え! と書いてあるが、内容はそれとは裏腹だという感想をもった。 確かに整備員や定年間際の危…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

復興応援ステッカーの原稿、公開しました

もしかしたらお気づきの方もいるでしょうか? 先に作成した復興応援ステッカー(スペル修正版)の原稿を、フォトアルバム(http://masahisa.at.webry.info/album/RecoveryJapan)にup、公開しました。 個人で使ったり、お友達にあげたり、これを元にしてデザインされるのは全然構いません。 (使…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

復興応援ステッカー(修正版)を作った

先日「Recovry Japan」を掲げた復興支援ステッカーを作ったのだが、透明なステッカー用紙を使ったので下地が透ける、更にスペルミスしていたことが発覚した(--;) 懲りずに今度は白色のステッカー用紙で、スペル修正版を作成した。 大サイズ・横型(50×74mm)。バイクのトップケースに貼った。 余談だがその隣のステッカーも…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

復興支援ステッカーを作ってみた

3/11の地震以来、多くの人達が程度の差はあれど不安を抱えながら日々を過していると思う。私もそんな不安を抱えた1人である。 ただ、先月末のビクトリーショーで買った明日香縫製の復興支援パッチが手許にあると、不安が少なからず和らぐように感じた。 そこで、自分でも復興支援ステッカーを作ってみた。 作成はExcelで行い、絵も「その他…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

2011 春のビクトリーショー(2011-03-27)

イベント等の自粛ムードがある中、Gun・ミリタリーイベント「ビクトリショー」は予定通り開催された。 とはいえ震災の影響はここでも出ており、出展を取り止めたブースもあったそうだ。また、先着者には「節電」パッチ(写真上)が無料配布され、「復興」パッチ(写真下)が販売されていた。 私は遅く会場入りして「節電」パッチはもらえなかったので、K…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

いくらか戻ってきた平穏(2011-3-26)

この街もようやく 落ち着きを取り戻して いつもの穏やかな風が吹き始めている 佐野元春「新しいシャツ」より 実際にはかなり風が強かったのだが・・・・・ 朝方、市の防災放送が流れたのだが、いまいち不明瞭でよく聞き取れなかった。市のホームページを開くと、私の住む西東京市が計画停電の対象外になったことが解った。 ガソリンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

計画停電?(2011-4-16)

出勤はしたものの、停電で電車が運休するかもしれないので早々に帰宅する・・・・という日が続いたが、この日はやっと定時まで仕事ができた。 最寄駅に着くと、久しぶりに家まで歩いて帰る事にした。 交通量の多い道沿いを歩いていると、ちょっと妙な感じがした。よく見てみるとある地点を境に街灯が点いていない。店の外に出て不思議そうに辺りを見回し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年3月14日版 個人的「東北地方太平洋沖地震」体験記

地震発生から2日後、そして発生後の初めての出勤日・・・・・ 原発が止まったので電力をまかない切れない、ということで「計画停電」が行われることになった。 被災地の人達のことを考えれば、無事だった自分達への電力供給が1日数時間止まてもどうってことはない。むしろ~極めて間接的だけれど~この事態の中で「自分も何かしている」と思えたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人的「東北地方太平洋沖地震」体験記(その2)

(その1)で書いたように、帰宅しようにも電車が動いていない。 地震が収まった後、半ば冗談で「同じ方向の人で集まって、割り勘でタクシーに乗るか、レンタカーを借りたら?」とか「自転車を買って帰ったら?」などと言っていたのだが、本当にそれを考えなければいけなくなった。 会社の他の人に比べれば私の家は近いので、タクシーか強攻策?としてレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人的「東北地方太平洋沖地震」体験記(その1)

2011年3月11日の14時過ぎ・・・・ いつものように新宿の高層ビルの8階にある職場で仕事をしていると微かな横揺れを感じ、私も同僚も地震が起きたことに気付いた。 「ああ、また地震か」などと言って、2~3分もすれば収まるだろうと思いつつ仕事を続けた。しかし、今回の地震は収まる気配は無く、揺れが段々と大きくなっていた。 「こりゃ危な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more