テーマ:映画

映画「スターファイター 未亡人製造機と呼ばれたF-104」

F-104という戦闘機は、良い面ではスマートなスタイルや速度・上昇性能の高さ、悪い面では旋回性能の悪さや事故率の高さで知られていると思う。 高い事故率の例として挙げられるのが西ドイツ空・海軍で、917機導入して291機を損失(うち262機は墜落)し、116人のパイロットが殉職したという。 どうして「未亡人製造機」と呼ばれるほど事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ローン・サバイバー」

あらすじは、興味のある方はご存じでしょうから割愛(^^;) ネタバレになってしまうかもしれないが、集約した感想: 「情けは人の為ならず」 ところで、特殊部隊の選抜試験では、この映画にあるように 「敵に通じている民間人と接触してしまった。このままなら君の存在が敵にバレる。さあ、どうする?」 という選択をさせられることがあ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画「父親たちの星条旗」

半年ぶりに見た映画が、この「父親たちの星条旗」だった。 第2次大戦の硫黄島の戦いで、星条旗を立てた3人の兵士が英雄だということで、戦時国債の宣伝に使われる・・・というのがあらすじ。 アメリカの戦時国債というのは何度となく出されたのだろうか?WW2の初期には、真珠湾で鹵獲された甲標的(特殊潜航艇)が宣伝に使われたと聞いた。アメリカとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休み8日目~最近見た映画など(2011-8-19)

今日は予報どおり雨で、加えて両親が墓参りの為に車で出かけた<今日しか都合がつかなかったとは言え、えらくタイミングが悪い事で・・・・・ こうなってしまえば開き直って、撮り溜めていた映画やテレビ番組でも見ようという気になれる。 最近見た映画の感想を簡単に書いてみよう。 <カンフー・ハッスル> この映画は町中の住民が皆カンフー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏休み2日目~映画「栄光のル・マン」(2011-8-13)

今日も相変わらずの猛暑で、加えて妙に疲労感があって何にもする気になれず。まるで夏休み前までに蓄積した疲労が一気に出てきたような感じだ。 こういう時は変に無理をせず、部屋で映画等を見ながらのんびり過すのもいいだろう。 幸か不幸か、買ったけど見てないDVDや、録画したけど見ていないテレビ番組など、見るものには不自由しない。 (^^…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

機関砲の無い戦闘機や攻撃機なんて・・・

過日ハリアーについて書いたが、それで思い出したことがある。最近航空雑誌を立ち読みしてると、胴体下面に機関砲パックを付けているハリアーの写真を殆ど見ないのだ。主翼のパイロンにミサイルや爆弾を積んでいても機関砲パックは付けていないケースも多いようだ。 ハリアーの機関砲パックは、外したときに付けるフィンに比べれば重いし大きい(=空気抵抗も大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「追撃機」

遊びに行く途中でコンビニに寄るのはよくある事。しかし先日は飲み物や食べ物だけでなく、DVDも買ってしまった。 この「追撃機」(原題:The HUNTERS)は朝鮮戦争でのF-86セイバーvsMiG-15の空戦を描いた映画。 F-86(実機)の空撮・空戦シーンがふんだんにあるのに加え、敵地上空で機銃を試射したり、空戦に入る際に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「イラク 狼の谷」

アグレイブ刑務所の虐待事件以来、「全てが嫌い」という程ではないけど、アメリカに対して好感を持てなくなった。どんな映画かにもよるが、米軍機が撃墜されたり、米兵が撃たれたりするシーンを見て「ざまあみろ」と思う時もある。 「イラク 狼の谷」はトルコの映画で(詳細はウィキペディアの記事をご参照下さい)、事実に基づいた下記のシーンがある。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

戦闘機モノ映画の感想を幾つか

年末からここしばらくの間、何故か戦闘機モノの映画が見たくなり何本か見た。 その感想をまとめておきます。 【ステルス】 米海軍の架空のステルス戦闘機(有人機と無人機)が出てくる映画。 これを見たバイク仲間から「あれは『戦闘妖精 雪風』のパクリだ」と聞いたので、どんなものだろうと思って見てみた。確かに戦闘機のデザインや、戦闘機が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「惑星ソラリス」と「ソラリス」(リメイク版)

正月休みに見た映画の1つが、SFの名作と聞いていた「ソラリス」。 SF好きの友人からは「名作だけど眠くなる映画」と聞いていたが、そんな風には感じなかった。いい意味で、SFというよりも切ない恋愛映画に見えて、しんみりしてしまった。 (見たことは無いけど「いま、会いに行きます」や「黄泉がえり」と同じジャンルの映画のように思えた) …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「ダイハード4.0」と「ザ・シューター/極大射程」

年末年始の休みがあったこともあり、ここしばらくはDVDをレンタルしたりして結構な数(11本くらい)の映画を見ていた。折角だからその感想を簡単に(気が向いたら ^^;)まとめてみようと思う。 まずはガンアクション映画2つの感想を書きます。 【ダイハード4.0】 確かにアクションは凄かったし、面白かったかと問われれば面白かったのだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「2001年 宇宙の旅」のHAL9000に思う

正月休みで時間があるし、年末年始のテレビ番組は見る気がしない、ということで映画のDVDを何本かレンタルしては見てる。そんな風にして見た映画の1本が「2001年 宇宙の旅」だった。 この映画は小学生の頃に父に連れて行ってもらい一度見ているが、何だかわからない難しい映画という感想しか持てなかった。実は上映の途中から入り、途中で出たので…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画「ナイト・オブ・ザ・スカイ」

フランスのミラージュ2000戦闘機が出てくる映画、ということで興味はあったのだが見そびれていた。この正月休みにDVDを借りて見ました。 *以下、ネタばらしがありますのでご承知置きを・・・・・・ ミラージュ2000がベイパー(*1)を引くような激しい機動を何回も見せてくれるなど、飛行機の出てくるシーンについては十分満足できると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア特殊部隊 スペツナズ Vol3

これも正月休みにDVDを借りてみたもの。 タイトルの通り、ロシアの特殊部隊 スペツナズの活躍を描いた作品(予告編の中では「ロシアン・タクティカル・アクション」と言っていた)で、おそらくロシアのTVシリーズかと思う。クレジット類が全てキリル文字で、1時間モノが2本(「レッド・ハイジャック」「聖戦 ジハード」)収録されていた。エンディング…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイアミ・バイス(映画版)

高校時代、TV版の「マイアミ・バイス」をリアルタイムで見ていた。 約20年ぶりにリメイクされた映画版(2006年夏に公開)、この正月休みにDVDを借りて見てみた。 *以下、ネタばらしがありますのでご承知置きを・・・・・・・ 感想を簡単に言うと・・・。舞台(マイアミ警察のオトリ捜査班)と登場人物の名前が共通するだけで、TV版…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

MA-1フライトジャケットとヘルメットバック

いつのように「めざましテレビ」を見ていたら、「トップガン」のDVDボックスが発売されるというニュースが流れていた。えらく高い(定価は5万円以上)と思ったら、MA-1フライトジャケットとヘルメットバックがおまけについているという。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/dvd/B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more