テーマ:アウトドア

ゴアテックス・インナーの修理 その3(2020-3-14)

久しぶりにライディングジャケット(BMWサバンナ2)を洗濯したら、ゴアテックス・インナーのシームテープが何ヶ所か剝がれていた。剝がれ方には以下の3パターンがある。 ①元々のシームテープが少し(2~3㎝程)剝がれている ②   〃     が大きく(10~15cm程度)剝がれている ③新しく貼ったリペアシートが少し剝がれている な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴアテックス・インナーの修理 その2(2019-10-22)

以前、ライディングジャケット(BMWサバンナ2)のゴアテックス・インナーを修理したが、今度はジャケット本体とインナーを結合するファスナー部分が剝がれてしまった。 もともと縫製ではなく接着しているので、ナイロン等に使える接着剤で修理できないかと考えてみたところ、下記の製品を見つけた。単体でも布どうしをくっつけられるし、アイロンをかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴアテックス・インナーの修理(2016-12-4)

道の駅スタンプラリーが終わったので、ライディングジャケットを洗濯(手洗い)した。 主に使っているBMWのサバンナ2ジャケットは、ジャケット本体にとゴアテックスのインナーを着脱する仕組みになっている。ジャケット本体を洗濯した水は例によって禍々しい灰色になったが、ゴアテックスのインナーは唖然とする事態になっていた。 写真の通り、縫い目の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

辰野勇「モンベル 7つの決断」

この本、会社から「ビジネス本を読んで感想文を提出する」などという宿題を出されて困っている・・・・という人にお勧めです。エッセイのように読み易く、参考になる事柄が幾つも書かれています。 もちろん、モンベルファン、辰野勇ファンにとっては、読んで損は無い1冊です。 難点は・・・・・あっさり読めてしまう為に、大事な事柄を掴み取れたか不安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・クラカワー「荒野へ」

この本は、1992年4月にアラスカの荒野で腐乱死体になって発見されたクリス・マッカンドレスという若者について書かれたドキュメントである。マッカンドレスは裕福な家庭に育った優秀な学生だった。卒業後、アメリカを従横断するような大きな旅に出たが、最後の目的地であるアラスカで遭難し、餓死してしまったのだ。 冒険的な大旅行や辺境の旅に憧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探し物は何ですか(その2) 靴下

そもそも洋服店で服を買う事が少ない私だが、靴下を買いに行く先は洋服店やスーパーでは無くアウトドア用品店である(^^;) ここ数年は中厚のトレッキングソックス(マインのダクロンQDソックス)を毎日履いてる。 普通のコットンの靴下だと、帰宅して靴を脱ぐと多少なりとも湿っているが、この靴下は汗を逃し易い繊維で出来ているのでそんなことは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハイドレーションシステムの水垢?

夏にハイドレーションシステム(水嚢、背負い式の水筒)を購入し、ツーリングやサバイバルゲームで使用する度にクリーニング・タブレットで消毒すえうようにしていた。クリーニング・タブレットが溶けた水はドリンキング・チューブを通して本体(タンク)から抜いている(その上でチューブを濯ぐ)のだが、ここ数ヶ月はチューブ内に水垢のようなものがしばしば付く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドレーションシステム使用感 その3(サバイバルゲーム編)

実はサバイバルゲームの為にハイドレーションシステムが必要かどうか、結構悩んだ。 サバゲの場合、15~20分のゲームの後に10分程度の休憩時間があるので、その間に水分を補給できる。ならばわざわざ水分を背負って参戦することはないのでは?と思ったのだ。 暑い日に2回、涼しい日に1回、ハイドレーションシステムを背負ってサバゲに参戦したが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドレーションシステム使用感 その2(バイクツーリング時)

先日、体感気温40℃(?)の中を約280kmのショートツーリングをしてきた。 それと街乗り等(過日のハーレーの試乗会に行った時にも使った)での印象も含めて、バイクライディング時の使用感をまとめてみようと思う。 まず前記事に書いたように、重さ(というか背負っていること)を意識することは殆ど無かった。笹子峠で小さなコーナーの連続を走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドレーションシステム使用感 その1(概要)

7月半ばのイベントでハイドレーションシステムを安く入手した。その後、家でサバイバルゲーム用の装備と合わせたり、バイクに乗るときに使ってみたり(3日、約400m程)、ちょっと手を加えたりしてみた。そうして感じたことを書いてみようと思う。 【重くないか?】 約2.5L(=2.5kg)の飲料を背負うと言うと重そうに思えるが、正直なとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米を炊く・・・・コールマン・ピーク1で

両親が所用でいないため、今日の夕食は外食するか、買ってくるか、何か作るか・・・ということになる。 結局、米を炊いてレトルトカレーを食べることにした。ただし、米は炊飯器ではなく キャンプ用のコッフェル(鍋)と、コールマン・ピーク1(ガソリンコンロ)で炊く(笑) 何故わざわざこんなことを(ガソリンの高いこのご時勢に)やるかと問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

携行するマルチプライヤーを換える

バイクに乗るときやサバゲに行くときは、トラブルに備えてマルチプライヤーを持って行く。 今まではビクトリノックスのスイスツールを持って行ったが、これからはガーバーのサスペンションに換えることにした。 左がビクトリノックス・スイスツール、右がガーバー・サスペンション。 サスペンションは名前の通り?スプリングで自然にプライヤーが開くよう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

15年目のコールマン・ピーク1

サバイバルゲームに行くと、昼食後にサバゲ仲間のJoshaさんに紅茶を淹れてもらうのが恒例になっているが、2/13のサバゲでは寒い上に風が強かったので、キャンプ用のガスストーブ(コンロ)でお湯を沸かすのに苦労した。そこで、同様の天気になると言われた2/24のサバゲにはガソリンストーブであるコールマン・ピーク1を持参した。 やはりガソリン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

防寒についての「SAS理論」

かなり前の話になるが、バイクツーリング専門誌「アウトライダー」に『SAS理論』というものが紹介されていた(93年12月号、94年2月号に記載)。 これは、外気に晒される手首を暖めることで、指先に送られる血液を冷まさない様にする(=指先が冷えないようにする)という理論。そのため北アイルランドに派遣される狙撃手は、手袋の下に写真のようなリ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

街乗り以上、ツーリング未満の横浜・川崎めぐり

12/23(祝)~12/25(日)は3連休だった。 ならば1日くらいツーリングにでも行こうと思ったのだが・・・・・ここ2週間くらい風邪気味で身体がだるかったので、寝坊→昼近くまでウダウダ→結局バイクに乗らない、という日々を過ごしてしまった。 幸い今日(12/25)は幾らか体調が良くなったので、バイクで出かけることにした。といって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more