まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 警察の刃物狩り(オタク狩り)に遭った(その3) 後遺症と苦情申し立て

<<   作成日時 : 2008/12/22 17:51   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

新宿で警察の刃物狩り(オタク狩り)に遭った件は(その1)(その2)に書いた通りだが、それ以来ずっとイライラした気分が続いている。街に出て警官やパトカーや白バイを見ると無性に腹が立ってくる・・・と言ってもこれは最も表現で、最も腹立たしい思いはブログに書くのが憚れるような内容である。

それ以上に厄介なのは、あの日(12/19)の夜から眠れなくなった事だ。

実は私は睡眠障害を抱えている。その為(十分に眠れない為)仕事にならなかったり、悪いときには不安定な精神状態になることもあった。
長いこと治療を続け、やっと治る目処がついたところだったが、また症状が悪化してしまった訳だ。

12/19(金)は睡眠薬を飲んでも全然寝付けず、頓服薬として処方されている精神安定剤(滅多に使わない)を飲んで何とか眠ることが出来た。
12/20(土)は翌日のサバゲに備え、睡眠薬を飲んで少し早めに床に就いたのだが一向に眠れない。布団に入ったままイライラした気持ちのまま1時半近くになった。

こんな気持ちのままじゃ精神安定剤を飲んだところで眠れないかもしれない。こうなったら苦情を言うだけ言ってやる
・・・そう決めてパソコンを起動し、新宿警察署のホームページを開いた。地域課の電話番号は見当たらなかったので、代表番号に掛けて地域課に繋いでもらった。
電話に出た警官(以下警官Cとする)とのやり取りの要約は以下の通り。

私「ミリタリー風の服を着ているという理由で犯罪者との疑いを掛けられた(*職質は犯罪を犯している者・犯そうとしていると思われる者に対して行うことができる)。私は犯罪など犯していないのに何故こんな扱いをされるのか?そのショックで長い間治療してきた睡眠障害がまた悪化してしまった」
警官C「警官Aの尋問技術が未熟だったためにトラウマを受けてしまったことについてはお詫びする」
私「尋問技術が問題なのではない。他の警官に職質されても同じ事になっただろう。警官Aは命令されたことを行うしかないのだから、彼個人を非難する気はない。(←トカゲの尻尾切りで誤魔化さないで欲しい)
今回私に行われたような、ボディチェック等の警職法に違反する職質が行われたことが問題なのだ。これは新宿署地域課、というよりも警視庁が是正すべき問題である」
警官C「ボディチェックは合法であると認識している」
私「それは同意できない。弁護士に確認しようと考えている」

今日「白川勝彦Web 政治理念 忍び寄る警察国家の影」を改めて読んだら、職質について規定した警職法第2条の第4項に
「警察官は、刑事訴訟に関する法律により逮捕されている者については、その身体について凶器を所持しているかどうかを調べることができる。」
とあった。であれば、逮捕されていない私にボディチェックを行うのは違法じゃないか?
警官Aがボディチェックを行ったこと、警官Cが「ボディチェックは合法」と述べたことを考えると、警察(少なくとも新宿署地域課)は警職法第2条を自分達の都合のいいように曲解(または誤解)しているのではないか?

そう思ったので昼休みに再度新宿署地域課に電話した。応対したのはまた別の警官(警官Dとする)。
私「12/19に警官Aにボディチェックを受け、12/20の1時半頃に警官Cに苦情を述べたが、両者ともボディチェックは合法であるとの認識だった。職務質問に関してちょっと調べてみたが、職質でのボディチェックは警職法第2条第4項に抵触すると思われる」
警官D「警官Aの所属する部署に連絡しますか?」
私「どの部署に上げる(連絡してもらう)かは検討の上、再度連絡する」と手短に伝えた。

ところで・・・・・
新宿署地域課に電話した際に「○○社の●●です」と名乗ったが(*職質でバックの中身を調べられた際、会社のIDカードも見られた)、警官Cも警官Dも私の連絡先(電話番号等)を確認しなかった。民間企業でのクレームの応対なら電話番号くらいは聞くのだが?そうしないと後で企業側から詳細の確認や、応対に伺う日時調整などの連絡ができないからだ。
ナンバーディスプレイで把握しているのか?あるいは交換室で電話番号以上の情報まで収集しているのか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
馬鹿な警官に頭にくるのは損だよ。馬鹿は無視しようよ。
さくら博士
2008/12/22 18:27
>さくら博士さん
一般人の馬鹿なら無視できるかもしれませんが、権力と武力を持った馬鹿を放置したら、どんどん増長して自分達の都合のいいように国民を締めるけるようになるのではないでしょうか?
そうな社会になったら「損」どころでは済まないでしょう。
まさひさ@管理人
2008/12/22 20:24
見ててスッキリするな
警官ざまぁ的な意味で
なんでオタク狩りとか違法販売とかそっちの方を取り締まらんのかね、警察は自分さえよければどうでもいいのか
なっしー
2009/04/07 19:18
>なっしーさん
私としては職質された時に言い負かしていればスッキリしたでしょうが・・・あの日以来、警察に対する信頼を失いました。とは言え、言うべき文句は言うべきだと思うし、言っておいて良かったと思います。
仰るようにオタク狩りとか違法販売を取り締まらなかったり、暴走族や騒音撒き散らすスクーターを取り締まらずにネズミ捕りをしているのを見ると、市民や治安を守ることより、実績や罰金による収益を上げる事が念頭にあるんじゃないかと思えてきます。こうなると警察官は「お巡りさん」ではなく「お役人さん」ですね(--;)
まさひさ@管理人
2009/04/07 23:28
>民間企業でのクレームの応対なら電話番号くらいは聞くのだが?
そもそもまともに対応しようという気が無いので、そんなものはどうでも良いと思ってるんじゃなかろうか?
通りすがり
2013/05/29 17:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
警察の刃物狩り(オタク狩り)に遭った(その3) 後遺症と苦情申し立て まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる