まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS メインハーネスのコネクターが・・・・・・(2009-02-21 110113km)

<<   作成日時 : 2009/02/23 20:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2/22(土)午後、所用で出かけるためにF650のエンジンを掛けようとしたら、なかなか掛からない。
チョークの操作がまずくてスパークプラグをカブらせてしまったかな?と思ったが、セルモーターの回転も遅い。そのうちにスターターボタンを押してもリレーが「ジーッ」と鳴るだけになってしまった。

バッテリーを上げてしまったか?

生憎父が車で出かけてしまったので、ジャンプスタートさせることもできない・・・・・・・
この日は暖かったのが幸いしたのか、しばらくするとバッテリーが回復して弱々しいがセルが回るようになった。確か3〜4回目にエンジンが掛かった。

そういえば先週末もエンジンの掛かりが悪かった(但しセルモーターの回り具合ははっきり記憶していない)。但し1回エンジンが掛かると、その後は出先で2時間以上停めてエンジンが冷めても問題なく始動できた(これは今回も同様)。
バッテリーを替えたのは昨年8月だから、まだ寿命に達したとは思えない。また先週末は高速を含め250kmくらい走っているから、十分に充電されるはずである・・・・レギュレーターが壊れて充電電圧が低くなってしまったのか?

念の為、所用の前にフラット杉並に寄って診てもらうことにした。
充電電圧は11.00〜11.08Vと低い(通常14.5V前後)。更に調べてもらうと
画像
レギュレーターとメインハーネスを繋ぐコネクターが焦げていた(汗)
(左がメインハーネス、右がレギュレータのコネクター)・・・下手すりゃ車輌火災なんていう最悪の事態になったのか?
このコネクターの端子の一部は腐食しており、その為に電気抵抗の増加(→充電電圧が下がる)とコネクターの焼損を招いたらしい。

ウチのファンデューロは14年オチだから、電装系の劣化(経年変化)はあって当然か?
今年7月に車検を迎えるので、それに併せてメインハーネスを交換しようかと考えている(交換の為に外装を外さなければならないが、車検の際にはクーラント交換やバルブクリアランス調整の為にタンクを外すから、この時にやるのが得策)。

なお今回の修理として、焼損したコネクターを切断しキボシ端子に付け替えた。その結果充電電圧は14.58Vに戻った。また、修理後はレーダー探知機の警告音が以前より明瞭に聞こえるようになったが、もしかしたらレギュレーターとメインハーネスの間の電気抵抗が減った効果なのだろうか?

<余談>
整備記録を確認したら、2003年1月にヘッドライトが点かずハイビーム警告灯が点きっ放しなるトラブルがあったが、ヘッドライト部のコネクターが融けてショートしていたのが原因だった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。大変でしたね。ハーネスのコネクターが焼け焦げることあるんですね。レギュレーターの故障はよくあるというので予備に1つ持っていますが、コネクターの故障があるとは。塩害とかで少しずつ腐食していったのでしょうか・・・・。または接触不良・・・。でも、焼け焦げるのは、一歩間違えると火災になるからゾッとしますね。僕のFUNDUROもチェックしておきます。
とても、参考になります。
ぽぽ
2009/02/24 20:53
>ぽぽさん
メカニックさんに教えてもらった時は本当にびっくりしました(--;)
前オーナーはどうだったか解りませんが、私の家は海の近くではないので、やはり経年変化かと思います。
まさひさ@管理人
2009/02/25 19:53
お休みだったので久々に走らせてみました。ところが出先の帰りにトラブル発生。キースイッチONにしてスターターボタンを押したら、「カチッ」といってセルが回りません。何度もキーを回してスイッチ入れても無反応。
ヒューズチェック。キルスイッチも問題なし。チェンジもニュートラル。バッテリー電圧は13.5V。いろんなアクセサリー付けるから壊れてしまったのか。焦りました。またレッカーか・・・。まさひささんのブログに以前キースイッチのリレーの接触不良があったのを思い出し、キーの裏のリレーを触ってみました。再度キースイッチ入れると油量ランプがついたのでスタートボタンを押すと始動。冷や汗でした。帰り道、温泉に入るのをあきらめ急いで帰ることへ。行きつけのバイク店で見てもらうと、またスイッチが入りませんでした。キースイッチのリレー付近を触ってもスイッチ入らず。原因は、はっきりしませんでしたがイグニッションコイル付近の配線の接触不良のためでははないかということでした。ホントの原因が分からなかったので様子見ることへ。出先でこのようなことがあると嫌になりますが、バイクの仕組みを知る上で勉強になりますね。
ぽぽ
2009/02/26 16:39
家に帰り何回かエンジン回すとまたエンジンがかからななくなりした。また同じ症状。その時、イグニッション辺りから火花が。イグニッションケーブル付近を触ってみてエンジンをかけると始動。どういうことなのかバイク店に電話ししたところ「もしかしてアクセサリー付けられているから付近のプラス配線のどこかがボディーに接触しているのでは」と。確かにイグニッション付近は狭いため配線がボディに接触している可能性大。実は先週エアーフィルターの洗浄するためイグニッション動かしたのが原因か。今後のこと考え、イグニッションと付近の配線を防水加工(ガムテープ+接着剤)してみました。念のためバッテリーのネジ確認したところ緩んでいました。もしかして・・・。原因はバッテリーりのプラスネジの緩みからかも・・・。(液補充のときのネジ締めが甘かったのか)再度ネジ締めと軽く接着剤でボルトからナットまで固定。これで様子を見ることにします。
トラブルのたびに自分で整備する知識が増えてきますね。でも、出先は困りますね。
ぽぽ  追加
2009/02/26 23:39
イグニッションではなく、スターターリレーでした。
大きな間違いをしてしまいました。すいません。
ぽぽ  訂正
2009/02/27 00:15
>ぽぽさん
電装系のトラブルはあちこち手繰っていかないと対応すべき箇所が解らないから厄介ですね・・・
まさひさ@管理人
2009/02/27 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
メインハーネスのコネクターが・・・・・・(2009-02-21 110113km) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる