まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 本厄の御祓い

<<   作成日時 : 2010/01/10 14:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

友人の心理学者によると「我々ほど幽霊や超常現象といった、科学的に証明されていない物に懐疑的な人種はいない」そうだ。しかしその友人から「厄年の御祓いは受けておくべき」とも言われた。30代から40代への移り変わりの時期は精神と身体のバランスが崩れ、病気や災難に遭い易い・・・・それを昔の人は経験則として知っていたと考えると、厄年というもの合点がいくそうだ。

普段は縁起も占いも気にしない私だが、上記の話を聞いていたので、42歳になる来年には本厄の御祓いだけは受けておこうと考えていた。ところが、厄年というのは数え年(満年齢+1歳)で数えるので、1969年生まれの私は今年が本厄になるのだった。(これは母から聞き、年明けに初めて知った)
ということで、今日(1/10)近所の神社で御祓いを受けてきた。

近所の神社では御祓いを受けるのに予約の必要はない。その場で受付して待合室でしばらく待つと、他の人達と一緒に拝神に移動して御祓いを受ける。考えてみるとこうした「儀式」を受けるのは何年ぶりだろう?
御祓いの間、普通の人は「災難に遭わずにこの先の人生を無事に過ごせますように」と思っていたのかもしれない。私はというと「もう人生の半ばに来たのだから、若かった以前の様には物事ができないことを承知して下さいね」と念を押されているような気持ちになった。
でも冒頭の友人の話からすると、この解釈も間違いではないのかもしれない。懸念事項や危険性を認識しているか否かによって、事が起きたときの対応も結果は変わるだろうから。

画像
御祓いの後に頂いた御札と御守。左下は砂糖だった。

<余談>
待合室に入るときに靴を下駄箱に入れたのだが、「86」が塞がっていたので「104」に入れた。
ちょっと縁起が悪いかな、と思ったけど気にしないことにした。
・・・・・と言っても何故「86」と「104」で縁起の良し悪しがあるのか、解ってくれる方がどのくらいいるだろうか?(^^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
御利益を信じているわけではないのですが、行ったことによる自分自身の心の状態の変化は有るかもしれません。
Josha
2010/01/10 21:40
>Joshaさん
その「心の状態の変化」が実は重要なのかも知れませんね。
まさひさ@管理人
2010/01/10 23:38
自分も厄払いに行ってきました。
気持ちの問題ですが、行かないより行った方が安心しますね(^^;

86と104…
セイバーとスターファイターかな?
かずぼん@F
2010/01/11 23:04
>かずぼんさん
行かずに済ませて何か災難に遭うよりはいいかと思います(^^;)

86と104についてはコメントの通りです。
F-104は結構事故が多かったそうです。
まさひさ@管理人
2010/01/12 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
本厄の御祓い まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる