イギリス軍24時間レーション メニューF試食記(その1)概要

イギリス軍の戦闘糧食(24 HOUR RATION)を入手、喫食できましたのでレポートします。
まずは外装や中身の紹介です。

画像

1日3食(+間食)が20×18.6×11cmの箱に収められている。箱の大きさはMRE(米軍の戦闘糧食)と大して変わらないが、3食分が入っているので結構重い。
今回喫食したのは23種類あるうちのメニューF。箱の側面には「06/04」とスタンプされているけど、これは「2006年04月」なのか「06月/2004年」なのか?

画像

内容物の一覧。
①メインディッシュその1(STEAK & VEGETABLES WITH POTATOES) ②ココア ③トマト&ビーフスープ ④オートミールクッキー ⑤フルーツビスケット ⑥ブラウンビスケット ⑦ターキーのパテ ⑧キャンディ ⑨チョコレート(2個) ⑩粉末オレンジジュース ⑪アクセサリーパック ⑫ティッシュ ⑬ウスターソース ⑭ライスプディング ⑮メインディッシュその2(Beefburger & Beans in Tomato Sauce)

画像

アクセサリーパックの内容。
①インスタントミルクティー(4袋) ②砂糖(6袋) ③インスタントコーヒー(2袋) ④ベジタブルストックスープ ⑤粉末クリーム ⑥水浄化剤 ⑦ガム

画像

画像

これにライフボートマッチが加わる。放出品のレーションのマッチは赤燐が劣化して使えないものもあるが、これはちゃんと着火できた。その名前の通り風にも強いようだ。

けっこう豪華というか、品数が多いなというのが第一印象。また、飲料類が随分多いように感じる。
また紅茶がインスタントのミルクティーと言うのも意外(アンディ・マグナブ著「SAS戦闘員」を読むと、イギリス兵はしょっちゅう紅茶を飲んでる)。もしかしたら戦闘糧食とは別に紅茶を携行しているのだろうか?

実際の試食記は (その2)朝食編 で

この記事へのコメント

Josha
2007年11月23日 22:08
レポートを待望してました。
私の分は、まだ全く手をつけていないのです。空けてはみたのですが。

側面が的になっているのには笑いました。
2007年11月24日 10:25
朝・昼・夕食のレポートは順次公開していきますのでお楽しみ下さい(^^)。

箱の側面の的ですが、やはり食後(または朝飯前?)の射撃訓練に使うのでしょうか?改めて見たら射撃時のデータを記録する欄もありましたが、直径8cmの的に当てるのは凄く難しいことでは?

この記事へのトラックバック