2008 BMWモーターサイクル大試乗会(その4) 会場と晴海埠頭

試乗記は前回(その3)までにまとめたので、会場の様子や周辺で目についたものについて書いておきます。

試乗会の会場は晴海埠頭のすぐ隣の大きな駐車場で、そこに場内試乗会場や各ディーラーのテント(展示ブースや商談・休憩スペース)があり、会場中央には展示車両(現行モデルの全車種とG650 X Callengeのラリー仕様車)が置かれていた。
画像
メッツラーをブースを出しており、タイヤのカッタウェイ(?)を展示していた。これを見て触ると、ラジアルタイヤとバイアスタイヤの違いが具体的にわかるかと思う。
昼休みにはモータージャーナリストの山田純さんのトークショーが行われた。

画像

画像
ここは駐車場だから自動販売機も何もない。ということで上の写真のような屋台(というかケータリング車?)で食べ物や飲み物を買って、会場に用意されているテーブルとイスで食べる。
下の写真は昼食のポロネーゼライス(大盛り)。
画像


トイレの方は晴海埠頭のターミナルに行く事になる。
ターミナルにフェリーが来ていて乗客が乗るところなのかと思ったら、砕氷船「しらせ」が寄港していた。今回が「しらせ」の最後の航海だったのだろうか、一覧レフカメラを持ってターミナルの展望通路を歩いている人をちらほら見かけた。
画像

また、海上自衛隊の練習艦「かしま」と護衛艦2隻も寄港しており、乗員の家族が訪れていた。遠洋航海から帰還したのだろうか。
画像


今回はBMWモーターサイクルと自衛艦が隣り合わせになり、それはそれで面白かったのだけど、元々航空機エンジンのメーカーでプロペラをエンブレムにしたBMWのイベントなら飛行場(それもプロペラ機がいるところ)の近くでやったら似つかわしいし、面白いのかと思う。何処かの飛行場の片隅を借りて開催できないかな<無茶言うな(^^;)

この記事へのコメント

通りすがり
2009年04月05日 15:39
晴海5丁目のその場所は以前進駐軍の飛行場があったところですよ。
2009年04月07日 23:17
>通りすがりさん
その話には驚きました。ところで、進駐軍の飛行場は旧軍の飛行場を接収したのでしょうか、それとも進駐軍が独自に作ったのでしょうか?私もネットで調べてみましたが、進駐軍が来る前から飛行場があったのかどうかは解りませんでした。
とはいえ、かつてプロペラ機が飛んでいた場所でプロペラ印のバイクが集うというのも、面白い縁ですね。

この記事へのトラックバック