まさひさのBikeHouse

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡良瀬橋から見る夕日と、足利食事処さがし(2009-03-21 その2)

<<   作成日時 : 2009/03/24 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(その1)で書いたルートを経て渡良瀬橋の南岸にたどり着いたのだが、それがちょうど夕暮れ時。ならば「またか」と言われても『渡良瀬橋から見る夕日』を撮らずに行く訳にはいくまい(^^;)。でもまだ日が高い・・・・ということで渡良瀬橋からの夕景を見つつ、MP3プレーヤーで森高千里の「渡良瀬橋」を聴く。この日はキラキラ光る川面を小さな水鳥が2〜3羽の群れを組んで飛んでいたのだが、そんな風景もこの歌に似つかわしいように思えた。
尚、この日は他に3人ほど渡良瀬橋から夕日を見たり写真に撮ったりしていた。歌に因んだ場所として訪れる人は少なくないようだ。
画像
今回は縦位置で撮ってみた。プラスに露出補正をしながら何枚か撮ったのだが、補正なしのこのカットが一番きれいに撮れていた。
補正が+1以上だと昼間のような画像になってしまう。デジカメのCCDは露出には相当敏感なのだろうか。
(ペンタックスK100D+DA18-55mm/f3.5-5.6、f11、補正なし)


撮影を終えたのは18時まであと10分という頃。アラジンに行く前に早目の夕食を摂ることにした。
以前ファンデューロの走行距離が10万kmを越えたときに行った足利美術館近くの食堂に行ってみたら、なんと閉店していた。そして夕食を食べる場所を探して右往左往することになった。
足利というところ(その中でもR50から足利学校の辺り)は、渡良瀬川を渡って「川北」に入ってしまうと、馴染みのない者は食事処をなかなか見つけられない。実際にはそこそこの数の食事処はあるのだが、大抵表通りから1本引っ込んだところに潜んでいるように感じる(以前連れて行った貰った鰻屋への道筋は、住宅街の中の迷宮のようだった)。
今回は迷走?した挙句、JR足利駅の近くにあるFood Storyというお店に入った。
画像
注文したのはスープ類とご飯・パン類のセット(530円)で、牛ひき肉のカレーと五穀ライスを選んだ。健康志向で、洒落た作りのお店なので量的にはどうかな、と思ったけど男性でも十分満足できそうなボリュームがあった。カレーは少々辛めだが味はまろやか。お腹に余裕があるならカレーを少し残しておき、ベーグル(150円〜)を追加して一緒に食べてもいいだろう(私はそうした)。

その後アラジンに寄りマスターと色々話したりしながら時間を過したが、夜が更けると流石に寒くなってくる(10℃)。
グローブを革の物から少し厚手のゴアテックスの物に替え、東北道に乗って帰路に就いた。最終的には無事帰宅したが、途中ちょっとしたアクシデントに見舞われてしまった。

それについては(その3)



渡良瀬橋[完全版]BOX [Blu-ray]
ワーナーミュージック・ジャパン
森高千里

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 渡良瀬橋[完全版]BOX [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渡良瀬橋から見る夕日と、足利食事処さがし(2009-03-21 その2) まさひさのBikeHouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる