陸上自衛隊戦闘糧食Ⅱ型 まぐろステーキ 試食記

5/24のサバゲは雨で中止になってしまったので、その日の昼食として用意したパック飯を夕食にした。
昼や帰路も結構食べたので、夕食を高カロリーのレーションにするのはどうかと思ったが、買いに行くのも面倒臭いので・・・・(^^;)
画像
このパック飯は昨年末のサバゲで入手したのだが、陸自の広報の一環?として提供されたものである。

【白米】
画像
今回は飯盒に水とご飯パックを入れて加熱したのだが、熱の回りが良いのか沸騰して数分で喫食できる状態(パック内のご飯が柔らかくなっている)になった。但し沸騰するまでに結構時間が掛かったようなので、飯盒に蓋をして水が沸騰してからご飯パックを入れる方が、トータルでは短い加熱時間で済むかもしれない。
味の方は暖かければなかなか良好。今回のように白米2パックでも副食が2品あるなら、ご飯パックと副食をそれぞれ1個ずつ、2食に分けて食べるのも良いだろう(今回のセットを1度に食べると、かなり腹が膨れる)。

【まぐろステーキ】
画像
「ステーキ」というより「照り焼き」のようだが・・・・・
冷めた状態でも味や食感は悪くなく、カジキマグロの照り焼きのような感じだ。今回は撮影の為にパッケージから出してみたが、タレの始末に困るので直接口を着けるか、箸等を突っ込んで食べる方がいいだろう。またこのタレはいい具合に甘辛いので、白米と交互に口にすると良さそうだ。

【きざみ昆布煮】
画像
煮物というより薄味の佃煮のような感じだ。こんな風に白米と一緒にかっ込むと、昆布の煮物が余り好きではない私でも抵抗なく食べることができた。

【油揚げの味噌汁】
画像

これは市販のフリーズドライ品と変わらない(本当に同じものかも?)。今回は少々薄く作りすぎた。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック