2018 夏休みの課題:89式小銃の調整(その1)

「ガスブローバックの89式を買わないの?」と聞かれるが、現状では購入を考えていない。ガスガンは冬場になると使えないし、89式の電動ガンを既に3挺(固定銃床と折曲銃床、それにショーティ化した折曲銃床)も持っているので。

その代わり・・・・という訳ではないが、89式・固定銃床のスコープを載せ換えた。
画像
新しいスコープは、中古品のノーベルアームズ SURE HIT IR 1624 HIDE7(倍率:1~6倍)。
リアサイトとの干渉を避けるため、M4マウントベース Low(これもノーベルアームズ)を使ってかさ上げした。装着には12mmのレンチ類が必要なので、別途ベッセルのソケットドライバーを購入。
こんな風に手持ちの銃をいじるのは、新しい銃を買うのと同じくらい楽しいかもしれない。

「これで30m以上先のターゲットにもビシバシ当てられるようになるかな?」と楽しみにしながらシューティングレンジで試射したら、それどころではない、というよりも、それ以前の問題が発覚した。

30m辺りから、着弾(正確に言えば弾筋)が上下・左右にバラついてしまうのだ。

弾速チェックでは90~91m/s(0.2g弾使用、ホップ0)出ていたから、メカBOXやチャンバーパッキンには問題ないと推測した。ひとつ思い当たるのはホップの掛り過ぎ。ウチの89式小銃はどれもホップを強くするパーツ(ライラクスのHOPチャンバーストライクアーム)を組んでいるが、固定銃床はそれに加えてHホップも装着していた。
画像
銀色の部品がHOPチャンバーストライクアーム、下の白い部品がHホップ。

どちらも89式の弱みである遠射性能を上げたくて組み込んだのだが・・・・・
(次記事へ続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kat
2018年08月17日 09:18
スコープを良い物にしたり、ホップパーツの組み合わせの沼が出てきましたね。色々試すのが楽しかったりするんですけどね。
2018年08月17日 19:34
>katさん
やはりこの先にあるのは沼ですかw
沼の底を漁ると、1挺組み上がるとか(M16やAKやガバではありそう)
kat
2018年08月17日 22:03
自分のベストの組み合わせを1つ掴んで、それをベースにした方が後々楽でっせ(^-^)
まさひさ@管理人
2018年08月17日 23:36
>katさん
次記事にも書きましたが、ノーマル押しゴム+ストライクチャンバーアームの組み合わせが良いようです。
タ―ク鷹
2018年08月18日 14:14
あら、フォリッジウオリア―じゃないですか?
サイドア―ム更新ですか( ̄ー ̄)
2018年08月18日 22:57
>ターク鷹さん
サイドアーム更新というより、物欲に基づくキャリーガンの追加です(^^;)

この記事へのトラックバック