テーマ:乗り物

2001年 夏の北海道ツーリング(その4)

(その3)から続く 【2001-8-16】 クッチャロ湖畔キャンプ場を出ると、R275で内陸へ入った。 中頓別にある寿公園にはF-104戦闘機と蒸気機関車が展示されていた。 その後は北海道の真ん中を縦断するように、R40で旭川まで南下した。 そろそろエンジンオイルの交換時期が近付いてきたので、旭川の市街地へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2001年 夏の北海道ツーリング(その2)三笠鉄道記念館

(その1)に書いた「道に迷ったついでに寄り道」の話である。 道央自動車道を三笠ICで降りた後は、西へ向かってからR12に乗るつもりだった。しかし間違えて東へ向かってしまい、偶然にも辿り着いたのが三笠鉄道記念館だった。 この小さな蒸気機関車は動いていた。 残念ながら館内をじっくり見学する時間はなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年の北海道ツーリング(その3)

【2000-8-13】 振内鉄道記念館を出てR237を苫小牧方面へ走ると、まず前日に見かけた不思議な場所を訪ねた。 そこは個人宅の敷地らしいが、ポツンと蒸気機関車が置いてあるのだ。 20年後にフィルムをスキャンしたら、ロシア語らしきプレートが付いているのを見つけた。 どういう経緯を経た機関車なのだろう? 山中を出てR2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年の北海道ツーリング(その2)

【2000-8-12】 快晴の下、洞爺湖のキャンプ場から撤収すると、R230で内陸部を東に向かった。 R274へと乗り継ぎ、石狩線と並行して夕張の山中を走っていると、シェルターらしきものをいくつも見かけた。 後日、鉄道のポイントを雪から守るためのシェルターだと教えてもらった。 もう少し東へ進んだ後、占冠村の南で右折し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年の北海道ツーリング(その1)

2000年の夏も北海道に行った。自分にとっては6回目、今乗っているF650ファンデューロ(2台目、95年型)では初めての北海道ツーリングである。 【2000-8-10】 F650ファンデューロにバッグを括り付け、早朝に出発する。 東北自動車道に乗ると150~200km毎に給油と休憩を繰り返し、青森までの約700kmを走り切る。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1998年 夏の北海道ツーリング(後編)

【1998-8-14】 前日は体調を崩してしまったが、ホテルでゆっくり休んだお陰で回復した。朝のうちまで降っていた雨も、ホテルをチェックアウトするころには止んだ。 平取町を出てR237の山間部を抜けると海沿いを南東に向けて走り、日高ケンタッキーファームで昼食をとった。 快晴のR235を折り返して北西に向かっていると、門別の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1996年 夏の北海道ツーリング(その3)

(その2)から続く 【1996-8-17】 3日ぶりに晴れた。 前夜泊ったキャンプ場にレンタルカヌーがあったので、出発前に乗ってみた。野田知佑の本の影響で一度は乗りたいと思っていたのだ。 しかしカナディアンカヌーをシングルパドルで漕ぐのは難しく、まっすぐ進むのもままならないので、早々に撤退した。 バイクに乗り換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通列車 大月・高尾行き(2019-5-19)

出先でバイクが故障した為、自宅まで電車で帰ることになった。 ヘルメットを片手に、ライディングウェア姿で電車に乗る羽目になったのは何年振りだろう?(1~2回経験あり) JR竜王駅まで送ってもらったものの、電車はシカと衝突したために遅れていた。 駅のホームで待ちぼうけしながら、これ以上何も起きてくれるなと思った。 20時半を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

空の駅 風和里しばやま(2018-9-2)

先日のサバゲに行く途中で、地上展示されている双発のプロペラ機を見かけた。「道の駅」と同じような「空の駅」という施設があったのだ。 この日のゲームは早目に終わったので、帰りに立ち寄ってみた。 展示されているのは、ビーチクラフトB99という飛行機だった。 道路を挟んだ反対側に電車らしいものが見えたので、駅でもあるのかと思ったら、成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今も「彼女」と呼ぶのか?

映画「フルメタルジャケット」で、米海兵隊の訓練生は、自分の銃に女性名をつけるように指導されていた。米海兵隊には「ライフルこそわが友」という標語があるくらいだから、「恋人のように大事に扱え」と、そのように教育をしていたのだろう。 一方で、今では米軍・海兵隊に限らず女性兵士が増えた。となると、女性の訓練生には、ライフルに男性名を付けさせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土井全三郎「陸軍潜水艦 潜航輸送艇マルゆの記録」

旧日本軍の陸軍と海軍の仲の悪さはよく知られている(実際はどうだったのだろう?)。 だからこの本(のタイトル)を最初に目にしたとき「海軍との仲違いした挙句、陸軍が自前の潜水艦まで作ったのか?」と驚きつつ呆れた。 しかし本書を読み始めれば、この潜航輸送艇が海軍との仲違いという低レベルな理由で作られたのでは無いことが解る。 日本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地上の戦闘機?

青ポロでうろついていたら、とあるスーパーの駐車場で面白いものを見つけた。 ジェット戦闘機か宇宙船のような自動車があったのだ。 自転車やバイクの様にタイヤが縦に2つ並んでおり、翼端?に補助輪がある。ハリアーのような車輪の配置だ。ウインカーの後ろがサイドミラー装着部になっているように思える。 後部には排気口が2つある。後輪の前にバ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伊勢湾フェリーに乗って~F650ML 東海初詣2011@伊勢神宮 その3

(その2から続く) 食事や散策を終えるとオフ会は終了となり、それぞれの家路に就く。 その際に帰路に伊勢湾フェリーを使うことを勧められた。当日の朝に出発した私は、前日に現地入りした他の関東のメンバーに比べて疲れているだろうと気遣って貰ったのだ。大雑把にいって、高速道路で伊勢湾を「迂回」するのに全行程の1/3を費やすが、海上を一直線に渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館山港の周辺を散策(2010-11-07)

先週末の南房総ツーリングでは海沿いの道を走ったので、漁港や観光船乗り場、そしてフェリーターミナルと大小様々な港のそばを通った。その1つの館山港に寄り道してみた。 道なりに走って暗い木陰のS字コーナーを抜けると、写真の入り江に出る。結構人が来ていて、釣りをしたりバーベキューをしたりして楽しんでいた。 入り江の波は静かだが、地面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君のマフラー、彼女が嫌がってるよ

どうして250ccクラスのスクーターに乗る人は、申し合わせたように五月蝿いマフラーを装着して半キャップ形のヘルメット(?)を被るのだろう?これは「一部の○○が・・・」という訳ではなく、そうでない人/スクーターの方が稀である。 今日見かけた若い男女が乗った250ccスクーターもそんな典型的なシロモノだったが、 リヤシートの女の子、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大井川鉄道のC11(2010-10-17)

ツーリングは目的地への行き来を楽しむこと・・・といっても、目的地で何か楽しめるのに越したことはない。 今回のツーリングの目的地の「道の駅 音戯の里」は大井川鉄道の千頭駅に隣接している。 昼飯に駅弁でも買おうかと思って駅に入ったら、C11蒸気機関車が停まってるじゃないか・・・勿論、入場券を買ってホームに行きました(^^) 子供の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMW 道の駅スタンプラリー その4「よつくら港」(2010-8-13)

夏休み2回目のツーリングは常磐道→磐越道→東北道というルートで、スタンプラリーで指定された2つの道の駅に行こうというもの。思い返してみると、これは去年の夏休みの日帰りツーリングと同じルートだ(^^;) 雨の為実施を1日延期し、8/13の8時近くに自宅を出発した。 環八、東京外環を経て常磐道に乗るが、その途端に睡魔に襲われた。冗談…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那須の戦争博物館(2010-8-13)

もう何年も前だが、会社の同期数名と那須高原に遊びに行ったことがある。 那須のメインストリート?である県道17号を走っていると、道路から少し奥まったところにプロペラ機があるのが見えた。その先に「戦争博物館」という看板と建物を見つけたのだが、そのときの同行者はみな一般人だったので、立ち寄ることは無かった。 8/13のツーリングではBMW…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バス共通カードの廃止

バス共通カードが3/31で販売終了、7/31で使用終了になると今日初めて知ったのだが、これには驚いた。 東京都交通局>http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/kanren/buscard_haishi.html 関東バス>http://www.kanto-bus.co.jp/upload/news…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009 秋のビクトリショー(2009-09-27)

特に何か買いたいものが無くても、ガン・ミリタリー関係のイベントがあればサバゲ仲間のKatさん、Joshaさんと現地で合流するのが恒例となったこの頃(^^;)。先日は浜松町で行われたビクトリーショーに行ってきた。 ビクトリーショーでは毎回お茶菓子が出るが、今回出されたのは米軍の粉末ジュース(だから手が震えている訳ではない ^^;)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八王子駅の201系?

先日(8/4)八王子駅に201系(の顔)が展示されているのを見つけた。 以前三鷹駅に置いてあったものを移動したのだろうか? たまたまかもしれないが、八王子駅では足を止めて写真を撮ったりする人は見かけなかったな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さようなら201系?

私は毎日中央線で通勤しているのだけど、旧型の201系から新型のE233系への入れ替えは思いの他早く、最近ではオレンジ色の201系は1日に1度見るか見ないかという具合である(そういえばここしばらく201系に乗ったことがない)。 そんな201系を偲んでか、三鷹駅にこんなものがあった。 (実は1ヶ月くらい前からあったのだが、アップしそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浅草の乗り物たち

前記事の通り先日浅草に行ったのだけど、東京メトロ銀座線の浅草駅で下りると凄い人出! そして意識しなくても、目には外国人の姿、耳には方言や外国語が入ってくる。 ここ浅草は「全国的」を越えて「世界的」な観光地になっているのだろうか。それを示すような、ちょっと変わったバスを見かけた。 独特な形の窓の都営バス。ボディ側面に「東京→夢の下町…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

潜水艦の話2題

先日「眼下の敵」という第2次大戦の海戦モノの映画を見た。 アメリカの駆逐艦とドイツの潜水艦が戦う話なのだが、潜水艦の方は敵の探知を恐れ、爆雷攻撃に襲われ、撃沈の危機に晒されるが・・・・・私が潜水艦(の戦闘)と聞いて連想するのは、まさにこんなシーンだ。(「Uボート」でも似たようなシーンがあったと思う) だから、潜水艦というのは「不意打…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2008 BMWモーターサイクル大試乗会(その4) 会場と晴海埠頭

試乗記は前回(その3)までにまとめたので、会場の様子や周辺で目についたものについて書いておきます。 試乗会の会場は晴海埠頭のすぐ隣の大きな駐車場で、そこに場内試乗会場や各ディーラーのテント(展示ブースや商談・休憩スペース)があり、会場中央には展示車両(現行モデルの全車種とG650 X Callengeのラリー仕様車)が置かれていた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2008東京モーターサイクルショー(番外編?)水上バスに乗って・・・・

会場で興味のあるものを一通り見ると、そそくさと帰路に就いた。 帰りの手段は(バイクで来ていないので)りんかい線やゆりかもめの他に水上バスがある。電車にはいつも乗っているし、多分混む。それならば普段乗る機会のない船=水上バスに乗って帰ることにした。 ただしこの水上バスの難点は、本数が少ない(1時間に1本)うえに最終便が早いこと(東京ビ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2008東京モーターサイクルショー(その2)スポーツトライク?

前記事から続いて、気になった車両を紹介します。 トライクというとGL1500/1800やハーレー等、かなり大型でゆったり走る感じのバイクをベースにするのが普通かと思う。 ところが、サクマエンジニアリングのブースに、小排気量(多分125cc)のレーサーレプリカをベースにしたトライクがあった。 普通のトライクは後輪のトレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白バイのラッピングバス

最近では色々なラッピングバスを見かけるが、たまたま荻窪から乗ったバスは警視庁の広告のラッピングバスだった。 考えてみると警察が交番や警察署以外のところに広告を出すこと自体が珍しいことでは? ほぼ真っ白で「警視庁」なんて書いてあるから、警察のバスと勘違いされる・・・なんてことはないか(^^;) どうせならバスの側面・後面に実物大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

謹賀新年@2008

あけましておめでとうございます。 ということでこちらが今年(2008年)の年賀状です。 昨年F650ファンデューロの走行距離が10万kmを越えたということで、それをメインの写真(?)にしました。また昨年のツーリングの足跡(実績)ということで、GWツーリングで見たUS-1A救難飛行艇と、夏休みツーリングで見た潜水艦「あきしお」…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

大井川鉄道 南アルプスあぷとライン乗車記(2007-09-16)

静岡県の大井川鉄道は、今でもSLを運行している鉄道会社として知っていた。また数年前のツーリングの途中で、客車を引いて走るC11、C57を見たこともあった。 大井川鉄道はSL以外の列車も運行しており、その中には日本で唯一のアプト式鉄道もあるという。 9/16(日)~9/17(祝)にマスツーリングに行った際、そのアプト式鉄道である井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more